Today's PICK UP

ノーコードでアプリを作成・公開できるアプリ運営プラットフォームがリリース 店舗アプリをスマホ1つで作成できるように

株式会社NappsTechnologiesは6月8日、スマホ1つでノーコードでアプリの作成・配信ができるプラットフォーム「NappyTown」をリリースしたと発表した。

■NappyTownを使うと

オンラインとオフラインが融合する時代に不可欠な、常連を顧客へと進化させる店舗アプリをエンジニアによる開発作業不要、スマホ1つで作成できる。

■Nappy Town(ナッピータウン)で使える機能

1.スマホだけでノーコードでアプリを開発・公開できる
100種類を超えるパーツを組み合わせてスマホだけでアプリを作成、NappyTown内を使って公開できる。
出典元:プレスリリース
2.顧客の顔が見える「常連一覧」
NappyTownを使うとこれまでのウェブでは顔の見えなかった、顧客を顔の見える形で確認し、チャットを使ってコミュニケーション行うことで、常連へと進化させる。また、スタンプカードを使ってオフライン店舗で来店された顧客の顔も見えるようになる。
出典元:プレスリリース
3. オンライン接客機能
「オンライン接客機能」を使うと顧客とチャットで相談して決済まで行うことができる。オーダーメイド商品や、時価で価格が決まり商品登録が煩雑な商品のオンライン販売、家屋の修理など見積もりが必要な商品をオンラインで販売できるようになる。今後は音声、ビデオによるコミュニケーション機能も予定しているという。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。