Today's PICK UP

自宅からARで商品を体験できる「バーチャルショールーム」サービスが提供開始 ARならではの演出や体験を活かす

株式会社DENDOHは、ARを用いて自宅で商品を体験できる「バーチャルショールーム」サービスの提供を開始したと発表した。未だ外出自粛が続く昨今、実際に足を運んでのショッピングは難しく、店舗販売者は厳しい状況に置かれている。本サービスではこれまでの店頭での買い物と同じ様に、自宅でも商品を見回したり、サイズ感を確認する購買体験が可能になる。また、ARならではの演出や体験によってより一層ブランドや商品の世界観を楽しむことができるという。

■サービスの詳細

AR技術を用いることで、これまで店頭で買い物をしていた際と同じ様に自宅でも商品を見回したりサイズ感を確認できる「バーチャルショールーム」サービス。ARならではの演出や体験によってより一層ブランドや商品の世界観を楽しむことができる。専用アプリのインストール不要でスマートフォンひとつで誰でも気軽に体験することが可能。既にオンラインショップを運営している販売者にはショップサイトへAR機能の導入も可能だ。

■本サービスで変わるオンライン購買体験

・部屋に試しに置いて見回すことで商品の各部詳細を確認
・自宅の私物と商品を比較
・ARモデル(実物大)でサイズを確認

■開発に至った経緯

以前よりフジコーワ工業とはテクノロジーによる新しい購買体験について協同で探っていたという。そんな折コロナを取り巻く環境が訪れ、実際に足を運んでの買い物や体験がしづらい状況になってしまった。同社代表はARという技術に触れていく中で、このコロナ渦にARでなにか出来ないかと模索し発信を続けていた。フジコーワ工業としても、オンラインでの直販に主軸を置いたPROTEXブランドとして、新しいショッピングの形を届け自宅でも楽しんでもらいたいという想いがあったとのことだ。そこで『業界最長サイズの商品特徴やその迫力をどうやってオンラインで届けるか』という課題をAR技術で解決し、オンライン上から自宅でも楽しめる体験を届けようと本プロジェクトがスタート、リリースするに至ったとのことだ
出典元:プレスリリース

人気の記事