Today's PICK UP

「空気のサブスクリプションサービス」が開始 定額利用で空気環境を改善する

みんな電力株式会社は、3月24日にサービスを開始した空気環境を改善する「みんなエアー」において、定額利用で衛生的な空気環境づくりを提供する「みんなエアーサブスクリプション」を6月9日より開始すると発表した。

■背景

全国で緊急事態宣言が解除され、第二波を警戒しながら「新しい生活様式」のもと、新型コロナウイルスと共存する日常生活がスタートした。空気環境に対する社会的な意識が高まるなか、同社が3月24日より開始した、浮遊菌検査を通じて空気環境の適切な改善方法を提案する「みんなエアー」は多くの反響があり、株式会社TBSラジオ、アース・キッズ株式会社などに導入されている。飲食店や美容室、学習塾、スタジオなど、空気環境対策が必要だと感じながらも導入コストが障壁になっていた事業者に向けて、より気軽に「みんなエアー」のサービスを総合的に試し、衛生的な空気環境を増やす一助になりたいとの思いから、6月9日よりサブスクリプションプランの提供を開始したとのことだ。

■「みんなエアーサブスクリプション」概要

空気環境を改善する「みんなエアー」について
同社スタッフが現地に行き空気を採取し、外部研究機関にて採取した空気の中の浮遊菌を分析しデータ化。データを基に同社スタッフが浮遊菌対策に効果的な製品の紹介や部屋のレイアウト変更など、適切な改善方法を提案する。

選べるサブスクプラン
部屋のサイズによってプラン選択でき、今後対策製品のラインアップを拡充する。空気環境対策を検討している美容室や学習塾など、まずは個人事業主などを対象に、順次拡大展開していく予定だという。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。