Today's PICK UP

折込チラシに関するアンケート調査結果が公開 電子チラシの利用経験者は6割弱で増加傾向に

マイボイスコム株式会社は、4回目となる『新聞の折込チラシの閲覧』に関するインターネット調査を2020年5月1日~5日に実施し、10,200件の回答を集め、結果を発表した。

■折込チラシの閲覧状況(直近半年間)

折込チラシを見る人は新聞購読者の9割弱。「ほぼ毎日見る」は60.9%、女性50~70代では各70%台となっている。10・20代では「たまに見る程度」が4割弱、「ほとんど見ない」が2割強だ。
出典元:プレスリリース

■内容をよく読む折込チラシ

内容をよく読む折込チラシは(複数回答)、「スーパー」がチラシを見る人の85.1%、「ホームセンター」「ドラッグストア・薬局」が5割前後。女性30~40代では「ファストフード」「ショッピングモール」、60・70代では「旅行・観光」の比率が高くなっている。
出典元:プレスリリース

■折込チラシの見方

折込チラシの見方は(複数回答)、「特売、セール、バーゲンをチェックする」「買おうと思っている商品の価格を確かめる」がチラシを見る人の6割前後、「お買い得商品をチェックする」「店舗間で価格を比較する」が4割前後。「お買い得商品をチェックする」「だいたい決まったジャンルやお店のチラシをチェックする」は女性高年代層、「暇つぶしとして見る」は若年層で比率が高くなっている。

■折込チラシを見たときの行動

直近1年間に折込チラシを見てしたこと・きっかけとなってしたことは(複数回答)、「折込チラシのお店に行く」がチラシを見る人の66.0%、「キャンペーン期間に、商品・サービスを購入・利用する」「折込チラシについているクーポンや割引券を利用する」「商品・サービスについて、他の媒体で調べる」が各20%台だ。

■電子チラシの利用経験

電子チラシの利用経験者は「よく利用する」「時々利用する」を合わせて6割弱、過去調査と比べて増加傾向だ。女性40・50代では各6割強となっている。
出典元:プレスリリース
調査結果の詳細はこちらに公開されている。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。