Today's PICK UP

クリエイター・タレント向け「ファンコミュニティアプリ」がリリース アプリ内のデータを活用したタレント採用も実施へ

株式会社GATHERは、クリエイター・タレントの活動を支援するファンコミュニティアプリ「fanfare」を、AppStore及びGooglePlayにて、2020年6月11日に配信開始したと発表した。また、コミュニティとデータを軸とした企業とクリエイターのマッチング事業も開始する。

■「fanfare(ファンファーレ)」とは

・ファンコミュニティをつくることができるクリエイター・タレント向けアプリ
ファンはお気に入りのクリエイターを探したり、好きなクリエイターの投稿をチェックしたりできる。メッセージとともに投げ銭による応援も可能となっているので、コスプレイヤー、モデル、アイドルなど好きなジャンルで活躍するクリエイターを近い距離で応援できる。fanfareでは有名から一般のコスプレイヤーやフリータレント、イラストレーターなどの多岐にわたるクリエイターが登録し、コミュニティの中で自身の魅力を発信・共有し、活躍する場として利用することを目指すという。

・芸能事務所や企業の目に止まるチャンス
同社では芸能事務所など企業との提携を進めており、ファンコミュニティの運用を通して集まるデータを元にしたクリエイターと企業のマッチングを行っていく予定。例えばコスプレイヤーやモデル、タレントであれば芸能事務所からのスカウトやインフルエンサーとしての活躍の場が、イラストレーターであれば出版社や制作会社の目に留まるチャンスがあり、コミュニティがそのままポートフォリオになるため求職活動にも活用できる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
・ポスト機能
ポストをfanfareに投稿することが可能。
・通知機能
ファンが増えたり、ポストにコメントやいいねがつくと、アプリから通知が届く。
・ランキング機能
今週のクリエイターランキングがチェックできる。
・投げ銭機能
ファンからメッセージ付きの投げ銭を受け取ることができる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。