Today's PICK UP

オリックス・バファローズ、無観客試合中に選手を応援する映像を流す「オンライン応援」を実施へ

株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング(以下CRTM)は、オリックス野球クラブ株式会社が運営するプロ野球球団「オリックス・バファローズ」と共に「ファンの声援が選手に届く!オンライン応援!Supported by CRTM」を実施すると発表した。
オリックス・バファローズは、大阪に本拠点を置くパシフィック・リーグに所属するプロ野球球団。野球を通して“感動”と“興奮”、そして夢を届けると同時に、地域社会の“まちづくり”、“ひとづくり”に寄与するためコミュニティ活動に積極的かつ継続的に取り組んでいる。CRTMは、2017年4月からオリックス・バファローズとのスポンサー契約を締結し、これまでにも「ありがとう」や「感謝」をテーマにした様々なイベントを開催し、選手と共に地域を盛り上げてきたという。

CRTMは、無観客のスタジアムで戦うバファローズ選手を、ファンの“声援”で後押しする取り組みに共感し、「ファンの声援が選手に届く!オンライン応援!Supported by CRTM」を実施することに決定したとのことだ。オンライン会議システム「ZOOM」でバファローズファンの声援を収録し、映像を球団公式メディアや球場ビジョンにて使用する。

■「ファンの声援が選手に届く!オンライン応援!Supported by CRTM」 概要

応援メッセージの収録映像により選手を応援する。
<使用予定>
6月19日(金)20日(土)21日(日)バファローズ主催試合

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。