Today's PICK UP

医師が処方する「ニコチン依存症治療アプリ」が薬事承認へ 病院外や在宅の時も治療をフォローする

株式会社CureAppは、新医療機器としてCureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCO チェッカーの薬事承認申請を行なっていたが、2020年6月19日(金)に開催された厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 医療機器・体外診断薬部会での審議の結果、部会の了承が得られと発表した。
疾患治療のために医師が患者へ処方する「治療用アプリ」は新しい治療法として国内外で注目が高まり、すでに海外では国の承認を得て保険償還されるかたちで実際に患者へ処方をされ始めている。同社のニコチン依存症治療アプリの薬事承認が部会で了承を得たことで、国内では初となる治療用アプリが誕生することとなるとのことだ。

■ニコチン依存症治療アプリ開発の経緯と意義

ニコチン依存症は薬物依存症の一つで、ニコチンに対し「身体的依存」と「心理的依存」を有する。離脱症状を伴う身体的依存には禁煙補助薬が有効ですが、心理的依存には従来の禁煙治療では診療時以外に医療者が治療介入することは難しく、患者は孤独な戦いを強いられるという課題があったという。このような実情をIT技術で解決するため、CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCO チェッカーは開発されたとのことだ。禁煙外来での診療と本品による治療介入に加え、禁煙外来での通院(12週)が終了した治療開始後24週まで本品による治療介入を行うことで、正しい知識の定着と行動変容を促し、患者様の禁煙治療をサポートするという。
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。