WATCH

ヤマハ、リモート合奏サービス『SYNCROOM(シンクルーム)』正式版を公開!

ヤマハ株式会社は、離れていても自宅などから複数人でリモート合奏が楽しめるオンライン遠隔合奏サービス『SYNCROOM(シンクルーム)』のWindows / macOS版アプリケーションを2020年6月29日に公開すると発表した。本アプリケーションは、これまでベータ版として公開していた「NETDUETTO β2」の正式版。また、スマートデバイスからでもリモート合奏が楽しめる、Android版のアプリケーションをベータ版として公開する。
出典元:プレスリリース
『SYNCROOM』は、インターネット回線を介して、複数のユーザー同士(最大5拠点)でリモート合奏が楽しめるサービス。一般的なリモート会議システムやIP電話は、通話や会議を想定して設計されており、一定の音声の遅れが生じることから、高いリアルタイム性が要求される合奏には適していない。そこで『SYNCROOM』は、同社独自の技術によってインターネット回線を介したオーディオデータの双方向送受信の遅れを極小化し、遠隔地間でも違和感のほとんど生じない快適なオンラインセッションが楽しめるサービスを実現したという。

これまでベータ版サービスとして「NETDUETTO β2」を提供してきたが、正式版のWindows / macOS版アプリケーション『SYNCROOM』を公開する。新たにリバーブ機能、メトロノーム機能と録音機能を追加し、さらに充実の機能でリモート合奏が楽しめるようになった。自宅などのパソコンにアプリケーションをインストールし、アカウント登録を行うことで、無料で利用できる。さらに現在開発中のAndroid版のアプリケーションも、ベータ版としてGoogle Playストアにて無料で公開する。

■Windows / macOS版アプリケーションの正式版を公開

『SYNCROOM』公式サイトよりダウンロードし、アカウント登録を行うことで、無料で利用できる。インターネット回線(光回線・IPv6・IPoE対応推奨)を契約している人であれば、特別な設定をすることなく利用を開始できる。代表の1アカウントがインターネット上に仮想的な部屋「ルーム」を作成し、そこへ他のユーザーが入室することで、1つのルームで最大5拠点(アカウント)をつないでオンラインセッションを楽しめる。

■Android対応のベータ版アプリケーションを同時公開

同社の研究開発の一環として、Androidで動作するベータ版サービス『SYNCROOM β』をGoogle Playストアで公開する。次世代通信規格5Gネットワークの普及拡大を含む、今後のネットワーク網の更なる性能向上、発展にも期待を抱きつつ、モバイル環境下での低遅延の音楽合奏実現を目標に開発を行っているとのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事