Today's PICK UP

日本・中国の企業がVRを活用した物件内見や検索の体験のアップデートを目指す提携へ

中国のBeike • Realseeは、日本のGA technologies社と提携することに合意し、3D空間再構成技術を通じて日本の消費者に物件の内見及び検索における体験を提供し、日本の住宅サービス市場におけるVR技術のアップグレードを推進すると発表した。
今回の提携では、GA社は、Beike•Realseeが提供する3D空間再構成技術により、数多くの住宅や物件をVRで再現し、日本の消費者により便利でリアルなVR住宅検索の体験を提供する。特に新型コロナウイルス感染症の流行下においては、物件の内見や選択の際の人との接触を大幅に減らすことができ、潜在的な感染リスクを最小限に抑えることができる。
出典元:プレスリリース

■新型コロナウイルスの影響を受け、日本の不動産業界には緊急のアップグレードが必要

2020年4月7日、日本は、換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所および間近で会話や発声をする密接場面という「三密」を避けるために、初めて緊急事態宣言を発令した。この緊急事態宣言の発令により、新型コロナウイルス感染症の流行が大幅に減り、低い死亡率を維持することができたという。同時に、日本国内の不動産市場も影響を受けた。4月の首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)の中古マンションの取引件数は、新型コロナウイルス感染症の流行の影響で前年比52.6%減となり、1990年に東日本不動産流通機構が設立されて以来、同様のデータの最低記録に達した。

VR物件内見はすでに中国では広く利用されているが、VR自体の技術及び高額な費用が制約となり、日本の不動産会社の多くは同様のサービスを提供することができていない。しかし、新型コロナウイルスの流行から生じた世界的な課題により、消費者にオフラインでの体験に匹敵するオンライン物件内見体験をどうすれば提供できるか、実際の空間をどのように感じてもらうかというのが、日本の不動産企業にとって、一刻も早く解決すべき緊急の問題となっている。

■Beike・Realseeが日本の住宅サービス体験の再構築を支援

業界の課題に直面して、GA technologies社は、中国の住宅サービス業界でVR技術の実用化に成功した経験を持つBeike•Realseeとの提携を目指していたという。3Dの世界を再構築することにより、Beike • Realsee のチームが創り上げたVR展示やVR物件販売所などの機能は、中国消費者の家探しの効率及び体験を徹底的に革新したとのこと。2020年4月の時点で、VR物件内見によって、Beike住宅検索の利用者の平均利用時間が150%増加し、仲介側の案内効率が16.6%増加した。VR物件販売所の最初のオンラインオープンでは、8分16秒の間に1068戸の新築住宅の購入申し込みがなされた。

今回の提携では、Beike•RealseeのVR技術と通常のパノラマカメラの組み合わせにより、GA technologies社は、3D空間をすばやく再構築できるようになる。ボタン1つを押すだけで、2Dパノラマ写真を高品質画像のVR空間に変換することができ、物件の立体構造、寸法情報、物件全体のレイアウト、内装、部屋の細部がわかりやすく表示される。この機能により、住宅購入者はVR物件内見の映像の中を自由に歩き回ることができ、細かいところまで直感的に把握できる。
出典元:プレスリリース
Beike•Realseeは、今回の提携でGA社が日本初のVR物件内見の大規模使用実現企業になるようサポートする。今後、両社の緊密な協力により、Beike•RealseeはAIハウスツアー、VR展示、GAの顧客向けのBeikeフューチャーファミリーなどの革新的な機能を提供し、VRアプリケーションを継続的に拡張するという。

人気の記事