Today's PICK UP

アパレル業界で「在宅WEB接客」がスタート 自宅から接客することで、新しい働き方を推進へ

株式会社空色はアパレル大手、株式会社アーバンリサーチと、有人WEB接客の「在宅WEB接客」を一部開始したと発表した。

■アーバンリサーチと空色との歩み

2016年より空色のWEB接客ソリューション「OK SKY」を導入しているアーバンリサーチとの歩みは有人でのWEB接客から開始し、AIチャットボットも構築するなど長期的な取り組みを進めてきた。現在では利用者からの質問に対して24時間365日、自動対応するチャットボットによる応対効率を改善しながら、「有人接客」でECサイトの売上サポートまで実現しているという。これまで「店舗」や「オフィス」で行っていた有人でのWEB接客を、2020年からは一部在宅での接客を開始した。
出典元:プレスリリース

■アーバンリサーチ「チャットチーム」の発足

「在宅WEB接客」の取り組みの根底には、「ECサイトの強化」という側面があった他、もう一つの大きな理由としてアーバンリサーチの働く子育て世代が中心となって立ち上げた「チャットチーム」の存在があったという。「チャットチーム」は女性の出産、育児などライフイベントにも対応する従業員の働き方の多様化を目的に発足した。新型コロナウィルスの影響により急速に「働き方」が大きく問われた2020年、店舗休業が相次ぐ中で販売員の新たな働き方として「在宅WEB接客」は、コロナ収束後も価値ある働き方としてアパレル業界をはじめ様々な業界からも注目されているとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。