Today's PICK UP

日本帰国時のオンライン部屋探しサービスが開始 コロナ禍の海外からの帰国者の不動産探しをサポート

一時帰国や入国の際に必要とされる2週間隔離向けの滞在施設を取り扱うmatsuri technologies株式会社は、隔離後の一般賃貸の検索をオンラインで実施する「本帰国賃貸お探し.com」を開始したと発表した。

■サービス開始の背景

一時的に帰国した人の中にも、実際コロナの長期化で本帰国になってしまう人が増えており、そういった人の不動産探しを手伝う必要があると考えているためサービスリリースに至ったとのことだ。
出典元:プレスリリース

■利用の流れ

オンラインで長期契約が完結する場合
→家具付き物件での利用を希望する場合、提案する部屋の中で気に入った部屋があれば中長期の契約が可能。

オンライン+必要書類のやりとり+内見
→家具なしの物件を長期で利用する際は、重要事項説明や必要書類(住民票)などのやりとりをオンラインと郵送などで実施する事がある。同社で運営している一時帰国.comで隔離物件を借り、隔離期間中に物件の提案のやりとりをしながら、隔離解除後すぐに内見の予定を組む事が可能。(他社隔離物件でも可能)
用意している部屋の種類
展開エリア:東京/大阪/札幌/那覇/福岡/京都など
広さ:1K-4LDK
期間:1日-2年
人数:1-16人様々な種類の部屋

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。