Today's PICK UP

WILLER EXPRESS、新型コロナウイルス対策を公表 「混雑状況の見える化」などでwithコロナ時代の車内環境を整備

WILLER EXPRESS株式会社は、“混雑状況の見える化”をはじめとするwithコロナにおける新たなサービスを発表した。
具体的には次の4点を2020年7月22日(予定)より開始し、利用者とともにより安心できる車内環境を作る。

① 座席指定サービスを拡大し、4列シート「Relax(リラックス)」を含むWILLER EXPRESS全シートが対象になる。
② 混雑状況の見える化を開始し、予約時には混雑状況を確認しながら、便・座席を指定することが可能だ。また、予約後には出発時刻前であればいつでもリアルタイムの混雑状況が確認でき、予約便内での指定席変更(無料)、および同一路線であれば予約した便の前後1日間の別の便に変更が可能。
③ 4列シート「Relax」の隣り合う2席の間の仕切りを顔の高さまで大幅にアップさせ(リニューアル前の約2倍)、飛沫防止や周囲との接触を避けるとともにプライベート感が向上する。
④ 新型コロナウイルスへの有効性が確認された深紫外線LEDを搭載した「空間除菌消臭装置“Aeropure”」を設置した「ReBorn(リボーン)」搭載車両の1日あたり運行便数が、現在の5便から14便に拡大する。(対象路線:東京⇔仙台、東京⇔新潟、東京⇔名古屋、東京⇔大阪)

また、移動へのニーズが少しずつ高まっており、利用者からの要望が増えているため、7月22日より1日あたりの運行便数を現在の8路線39便から18路線166便に拡大し、夜行便を運行再開するという。

■新型コロナウイルス対策詳細

出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。