Today's PICK UP

「SNSとEC」に関する意識調査が実施 欲しいものの情報収集に利用するSNS、男性は「Twitter」女性は「Instagram」

株式会社テスティーは豊富なリサーチモニターを抱える強みを生かし、ECのミカタ株式会社が運営するEC・通販業界に特化したポータルサイト「ECのミカタ」にて調査記事を公開した。今回は20〜30代男女637名(男性304名、女性333名)を対象に「SNSとEC」に関する調査を実施した。

■SNSの利用と情報収集に関する調査

・SNS利用者のうち、利用率が高かったのはメッセンジャーとしての機能が強い「LINE」
・「Instagram」は男性で38.8%、女性で65.2%と女性の利用率が高い
・消費を伴う情報収集はスマートフォンかつインターネット上で行われている
・消費を伴う情報収集に利用するSNS、男性は「Twitter」、女性は「Instagram」
出典元:プレスリリース

■SNSきっかけの購買行動に関する調査

・男性の65.1%、女性の76.9%が「SNS広告がきっかけで商品ページやブランドサイトを見た経験がある」と回答
・SNSの投稿がきっかけで「ECで購入したことがある」と回答したのは男性で35.9%、女性で49.2%
・SNSの投稿がきっかけで「店頭で購入したことがある」と回答した人は29.9%、女性で32.4%
・公式アカウントや店舗アカウントをフォローしている理由は「新商品の情報がいち早く知れるから」
出典元:プレスリリース
調査概要
調査期間:2020年7月6日(月)
調査対象:20代、30代 / 男女 / 自社モニター会員
調査結果の詳細はこちらに公開されている。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。