Today's PICK UP

VR空間共有技術を活用した「バーチャル展示会プラットフォームサービス」が開始 リアルイベントや展示会を忠実に再現

SoVeC(ソベック)株式会社は、新型コロナウイルスの感染拡大により、オンラインによる展示会のニーズが高まる中、VR(バーチャルリアリティ)空間共有技術を活用したバーチャル展示会プラットフォーム「そのまま展示会」のサービスの受付を2020年7月21日より開始した。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの人が密集するリアルイベントや展示会の開催中止、延期が続く中、オンラインによる展示会のニーズが高まっている。しかし、現状開催されているオンライン展示会では、出展社の情報がリスト形式で掲載されているにとどまるウェブサイトが多くみられ、一方で、VRによる先進的な空間デザインによるオンライン上での展示会を実現するには多くの時間とコストが発生し、また閲覧にはある程度の慣れが必要とされるなどの課題があったという。

今回、SoVeCが提供するバーチャル展示会プラットフォーム「そのまま展示会」は、オンライン上で最新のxR技術を駆使した高品質なバーチャル展示会の場を、低コストで簡単に再現することができる。「そのまま展示会」なら、オンラインの会場内に3DCGで実際のモニターやパネルなどを忠実に再現したブースの設置や、会場や出展社のブース内にてアバター同士で商談や連絡先交換など、あえて実物そっくりに“そのまま”の展示会のリアリティを徹底追求することにより、出展社も来場者も従来のリアルな展示会と同様の体験をすることができるとのことだ。

■バーチャル展示会プラットフォーム「そのまま展示会」の概要

主な機能
①オンライン商談機能:アバター同士でボイスチャットやメッセージによるチャットの実施。
出典元:プレスリリース
②外部ツール連携:Zoomをはじめとしたコミュニケーションツールとの連携。
出典元:プレスリリース
③ポップアップ機能: チラシ・パンフレットや、ウェブサイト、説明動画、3Dデータなどの埋め込みが可能。
出典元:プレスリリース
④連絡先交換機能:バーチャル空間上での連絡先交換。
出典元:プレスリリース
⑤ブースのカスタマイズ:出展社はオプションでブースのカスタマイズが可能。
出典元:プレスリリース
⑥マルチデバイス対応:Windows/Mac/Oculus Riftに対応。  (その他のVR機器やiOS、Androidにも対応予定)
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。