Today's PICK UP

「住宅購入セカンドオピニオンサービス」が受付開始 オンラインで第三者に中立的な意見を聞けるように

株式会社TERASSは、コロナ渦に家探しを進める住宅検討者を対象に、無料・物件営業なし・オンラインで第三者に中立的な意見を聞ける「住宅購入セカンドオピニオンサービス」の受付を開始したと発表した。

■セカンドオピニオンサービス開始の背景

住宅購入は、その金額の大きさの一方で、どうしても相談先が不動産会社=利害関係者となってしまうことが多く、本当の意味でもフラットな不動産に関する意見を求められる場が極めて少ないと感じているという。以前の4-5月の緊急事態宣言中、「オンライン不動産マンツーマンレッスン」としてコロナ禍における住宅相談として同様の形式のものを実施し、他者推奨度を5点満点で回答した人が約85%と、好評だったという。今回少し形を変え、家探しをする人の役に立つことを目指すとのことだ。

■「住宅購入セカンドオピニオンサービス」の受付を開始

不動産メディア・住宅関連サービスを開発するTERASSは、コロナ渦中に家探しをする方の疑問点や不安解消を目的とした「住宅購入セカンドオピニオンサービス」を、無料・物件営業なし・オンラインにて開始した。

■住宅購入セカンドオピニオンサービスの概要

・利用は無料
・オンライン会議ツールにて、30分間のミーティング
・物件の営業は一切ない
・住宅のプロが答える

■利用の条件

・東京23区内での住宅購入を検討している人(契約前など検討状況は問わない)
・TERASSの家探しサイト「Agently」への無料登録
・投資物件のみを検討の人は対象外

人気の記事