Today's PICK UP

ギターのサブスクリプションサービスが開始 月額2,970円から利用可能で他のギターと交換や購入もできる

株式会社 神田商会は、楽器メーカー、輸入代理店業の長年の楽器販売経験を活かし、ギターを中心とした楽器のサブスクリプションサービス「PlayG!」(プレイジー!)を2020年8月3日(月)より開始すると発表した。

■月額2,970円(税込)から。利用可能なギターは250モデル以上

PlayG!は、今すぐギターを楽しみたい人に向けた月定額制ギターレンタルのサブスクリプションサービス。サービスは月額2,970円(税込)から利用可能で、他のギターと交換、あるいは購入もできる。ギターを始める第一歩としたい、楽器屋さんに無いギターを試奏したい、高額なギターを使って写真や映像を撮りたいなど、様々なシチュエーションを手助けするサービスとなっている。8月3日の開始時点で250モデル以上のギターやベースが幅広くラインナップされているので、目的や好みに合ったギターが見つかるという。
出典元:プレスリリース

■「一度は弾いてみたい」憧れの有名ギターもラインナップ

プランは「ステージ1」「ステージ2」「ステージ3」の3種類。ギタリストなら一度は弾いてみたい憧れの有名ギターや、プロ御用達の本格派ギターも利用できるという。
出典元:プレスリリース

■レンタルした分だけオトクにギターを購入できる

レンタル中のギターが気に入って自分のものにしたいと思ったら、そのまま購入も可能。レンタル期間中に支払った月額料金の合計を、申し込み時点の参考購入価格から差し引いた金額で購入できるので、レンタル期間中の料金が無駄にならずお得とのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。