Today's PICK UP

「22卒コミュニケーションツールに関する調査」が公開 就職活動で連絡がつきやすいツールは「LINE」が52.3%で最多に

株式会社学情は、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施し、「就職活動でのコミュニケーションツール」に関して調査した。就活準備で最も連絡がつきやすいツールは「LINE」が52.3%で最多となった。一方2021年卒は、就職活動で最も連絡がつきやすいツールを「メール」と回答した人が61.7%で最多となっており、「就職活動早期」と「就職活動後期」では、学生がメインで使用するコミュニケーションツールが変化していることが分かる。また、22卒は7割以上が「就職活動の連絡でLINEを使用したい」と回答。理由は「使い慣れたツールだから」が72.2%で最多だった。

■就職活動で最も連絡がつきやすいツールは「LINE」が52.3%で最多

出典元:プレスリリース
就職活動で最も連絡がつきやすいツールは「LINE」が52.3%で最多となった。次いで、「メール」44.3%、「電話」3.4%となっている。「LINE」を希望する人からは、「使い慣れていて便利」、「見逃す心配がない」などの声が寄せられた。「日常生活で良く利用しているコミュニケーションツール」でも、「LINE」が93.9%で最多で、「電話」は9.0%にとどまった。「LINE」でのコミュニケーションに慣れ、「電話」を好まない、20代の特徴が表れる結果となっている。

就職活動で最も連絡のつきやすいツールは「LINE」と回答した人の声(2022年卒)
・LINEだと企業と「会話」ができるイメージがあるから
・一番良く利用するツールなので、早く返信ができると思うから
・普段から、メールよりも頻繁に確認するから
・メールは量が多く、見逃してしまうことが心配だから
・電話だと、授業やアルバイトで出られないこともあるから
出典元:プレスリリース

■「就職活動早期」と「就職活動後期」では、学生がメインで使用するコミュニケーションツールが変化

出典元:プレスリリース
「就職活動早期」と「就職活動後期」では、学生がメインで使用するコミュニケーションツールが変化していることが分かった。就職活動で最も連絡がつきやすいツールに関して、2021年卒は「メール」の回答が最多で61.7%となっており、2022卒より17.4ポイント増加している。「電話」の回答も5.2ポイント増加し、就職活動が進むにつれて、連絡を取りやすいと感じるツールが変化していることが伺える。また、「LINEは電話の代わりに利用したい」「LINEは日程調整など、すぐに返信が必要なやりとりのときに便利」などの声が挙がっており、就職活動において「LINE」は「メール」の代替ではなく、「電話」の代替として利用したいというニーズが伺えた。

2021年卒学生の声
・企業からの連絡はメールが最も多いから、就職活動ではメールを最も利用している
・ビジネスで最も使われるツールだと思うから、メールに慣れておきたい
・メールは、添付ファイルなどを送ることができて便利
・メールだと、基本のフォーマットがあり返信しやすいから
・しっかりと考えて返信するべきものや、長文の文章をやり取りするときはメールのほうが便利だと思う
・日程調整など、すぐに確認が必要なものはLINEだと早く返信できる

■7割以上が「就職活動の連絡でLINEを使用したい」と回答

出典元:プレスリリース
「就職活動の連絡でLINEを使用したいですか」という質問では、「ぜひ利用したい」38.5%、「どちらかと言えば利用したい」33.2%となっており、71.7%が「利用したい」としている。「利用したい」とした学生からも、「LINEは気軽に利用できる反面、どのような文面で返信すれば失礼がないか不安もある」「メールと同じ文面だと堅苦しく感じるし、フランクになりすぎてもいけないので、送る文章に迷う」など、便利さや手軽さゆえの不安の声も寄せられた。企業が採用活動でLINEを利用する際は、返信の仕方や、企業側が確認している時間などをあらかじめ学生に伝えておくと、学生も安心して利用できることが伺える。

LINEを「利用したい」とした学生から寄せられた「利用に関する不安」の声(2022年卒)
・LINEは気軽に利用できる反面、どのような文面で返信すれば失礼がないか不安もある
・メールと同じ文面だと堅苦しく感じるし、フランクになりすぎてもいけないので、送る文章に迷う
・長文だと読みにくくなるので、短い文章で返信しないといけないと思う
・アイコンの写真に気を遣う
・既読をつけたら、すぐに返信したいので確認するタイミングに迷う
・いつでも確認できるからこそ、返信時間に気を付けなければいけいない
・LINEは友だちとのやり取りも多いので、公私混同しないようにしたい

■「就職活動の連絡でLINEを使用したい」理由は、「使い慣れたツールだから」が72.2%で最多

出典元:プレスリリース
就職活動の連絡でLINEを利用したい理由は、「使い慣れたツールだから」が72.2%、次いで「メールのように見逃してしまう心配がないから」53.4%だった。

調査概要
・調査対象:「あさがくナビ2022(通年採用対応ジョブ型 インターンシップサイト)」へのサイト来訪者
・調査方法:「あさがくナビ2022」にアクセスしたサイト来訪者に、アンケートのポップアップを表示
・調査期間:2020年7月16日~7月28日
・有効回答数:853名

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。