Today's PICK UP

店舗や施設のリアルタイム空き情報がわかるマップサービスの掲載店舗が400件を突破 混雑の回避が可能に

株式会社バカンは、お店や施設のリアルタイム空き情報がマップ上でわかるサービス「VACAN」の掲載店舗が全国で400件を突破したと発表した。
人気店や観光地のお店・施設も続々掲載
遠方からも人が訪れるような人気ラーメン店をはじめ、観光エリアの施設や店舗など、続々と人気や特色のあるお店・施設を掲載しているという。

VACANを使えば、いま空いているお店・施設が1秒でわかる
VACANでは、現在地近くのお店・施設がリアルタイム空き情報とともにマップ上に表示される。「空きあり」「やや混雑」などと書かれたピンをタップすると、お店・施設の詳細情報が表示される。空き情報は、お店・施設に設置されたボタン型デバイスを店員が操作したり、カメラで取得した店内状況のデータから自動判定したりなど、店舗・施設に合わせた方法で発信をしている。VACANを利用する人は、お店・施設の空き具合を事前に確認することで、並んだり人との間隔を気にしたりすることなく、安心して来訪することが可能になる。

VACANのご利用について
VACANはスマホから、アプリのダウンロード不要で、誰でも利用できる。空き情報は会員登録なしでも確認できる。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。