Today's PICK UP

店舗や施設のリアルタイム空き情報がわかるマップサービスの掲載店舗が400件を突破 混雑の回避が可能に

株式会社バカンは、お店や施設のリアルタイム空き情報がマップ上でわかるサービス「VACAN」の掲載店舗が全国で400件を突破したと発表した。
人気店や観光地のお店・施設も続々掲載
遠方からも人が訪れるような人気ラーメン店をはじめ、観光エリアの施設や店舗など、続々と人気や特色のあるお店・施設を掲載しているという。

VACANを使えば、いま空いているお店・施設が1秒でわかる
VACANでは、現在地近くのお店・施設がリアルタイム空き情報とともにマップ上に表示される。「空きあり」「やや混雑」などと書かれたピンをタップすると、お店・施設の詳細情報が表示される。空き情報は、お店・施設に設置されたボタン型デバイスを店員が操作したり、カメラで取得した店内状況のデータから自動判定したりなど、店舗・施設に合わせた方法で発信をしている。VACANを利用する人は、お店・施設の空き具合を事前に確認することで、並んだり人との間隔を気にしたりすることなく、安心して来訪することが可能になる。

VACANのご利用について
VACANはスマホから、アプリのダウンロード不要で、誰でも利用できる。空き情報は会員登録なしでも確認できる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。