Today's PICK UP

飲食店特化型の決済サービス「コンタクトレス決済」が提供開始 予約時にクレジットカード情報を入れることで当日の会計は不要に

株式会社TableCheck(以下、テーブルチェック)は、飲食店特化型の新たな決済サービス「コンタクトレス決済」の提供を開始したと発表した。
同社は2020年8月3日、VSコロナ時代も、より安全にレストランを楽しむための、新たな非接触型決済サービス「コンタクトレス決済」の提供を開始した。予約時にクレジットカード情報を入力しておくだけで、当日、お店での面倒な会計は一切不要に。食事後、当日の追加注文も含めたすべての飲食代金が、入力したカードに請求される。領収書は、オンラインで自動発行される。

・予約時にカード情報を入力するだけ
・お店でのお会計のやりとりは一切不要
・当日追加分もまとめて請求
・領収書は、オンラインで自動発行

■「コンタクトレス決済」対応店は全国約60店舗から受付開始

出典元:プレスリリース
TableCheckの「コンタクトレス決済」は、全国63店舗のレストランで利用できる(2020年8月3日現在)。同サービス対応店は、同社の飲食店検索・予約ポータルサイト「TableCheck」から検索が可能だ。詳細検索から「コンタクトレス決済利用可能店舗」にチェックを入れて検索すると、近くの「コンタクトレス決済」で予約できるお店が表示される。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。