Today's PICK UP

10代・20代の「オンライン上のコミュニケーションに関する調査」の結果が公開 2割以上が「オンラインの方が自信を持てる」と回答

株式会社テアトルアカデミーは、オンラインオーディション・レッスン「テアトルプラス オンラインアカデミー」の開講に伴い、全国の10代20代の男女500名を対象に「オンライン上のコミュニケーションに関する調査」を実施し、結果を発表した。
「テアトルプラス オンラインアカデミー」は、創立40周年を迎えるテアトルアカデミーが主催する、オンライン形式のオーディション・レッスン。全国どこにいてもテアトルアカデミーのオーディションとレッスンが受講可能になる。「オンライン上のコミュニケーションに関する調査」では、オンライン飲み会(お茶会)への参加経験やオンラインレッスン受講率など、オンラインに関わる質問に回答。また、2割以上の人がオンラインの方が自信を持てるということが明らかになった。若い世代のオンライン上のコミュニケーションの一部が見て取れる調査結果となっている。

■10代20代の2割以上がオンライン飲み会(お茶会)への参加経験あり!女性の方が多い。

Web会議やビデオ通話が急速に普及した昨今だが、比較的若い世代である10代20代がオンライン上でのコミュニケーション「オンライン飲み会(お茶会)」にどのくらい参加したことがあるのか調べた。結果は「何度もある(7.6%)」「ある(14.4%)」を合わせて、22.0%の人が「オンライン飲み会(お茶会)」に参加した経験があった。また、男女別で比較すると、男性よりも女性の方が参加経験のある人が多いことが分かった。

また、「オンライン飲み会(お茶会)」に参加した感想を質問したところ、「自分のペースで飲める(兵庫県・27歳男性)」、「なかなか会えていない友達と画面越しにお酒を飲みながら語り合う(東京都・27歳女性)」、「気軽に参加できる。服装などもそれほど気にせずにいい(兵庫県・中学3年生女性)」、「普段遠方でなかなか会えない友人と顔を見て話ができ嬉しかった(愛知県・高校1年生女性)」「コロナで外出できなくても安全に会話ができる(香川県・中学3年生女性)」といった好意的な意見が目立ったという。
出典元:プレスリリース
さらに、「オンラインデート」をしたことがあるか質問。結果は6.4%がオンラインデートをしたことがあった。それほど高い割合とは言えないが、「日頃会えないため画面越しでも顔が見れて会った気分になれる(東京都・27歳女性)」「お金がかからない(東京都・中学2年生女性)」「なかなか画面を通してじゃ会話が続かないけど、外で会えないので元気な姿を見られてよかった(福岡県・高校2年生女性)」など、「オンライン飲み会(お茶会)」同様、「オンラインデート」も好評だった。

中高生の18.8%は「オンラインレッスン」を受けたことがある。
オンライン化が進む中、「オンラインレッスン」を受けたことがあるか質問した。「何度もある(6.2%)」「ある(10.0%)」を回答した人は、全体で合計16.2%だった。中学生・高校生で「オンラインレッスン」を受けたことがある割合は、18.8%。18歳(高校3年生を除く)~29歳の人で、受けたことがあるのは、13.6%だった。学校や塾のオンライン化が進んでいることから、中学生・高校生が「オンラインレッスン」の受講経験者が多いという結果となった。また、「オンラインレッスン」を受けた感想を聞いた。質問がしづらいという意見もあったが、時間やお金の節約、リラックスできるなどの意見が目立ったという。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■5人に1人以上はオンラインの方が自信を持てる。「気が楽」「余計な緊張をしない」「リラックスできる」

10代20代の人は、デジタルネイティブやスマホネイティブと呼ばれ、オンライン上のコミュニケーションに慣れていると言える。オンラインの方が自信を持って話せると思うか質問した。結果は「感じる(3.4%)」「どちらかというと感じる(17.8%)」を合わせて、21.2%と5人に1人以上が、オンラインの方が自信を持って話せるという事実が明らかになった。また、自信を持って話せると感じることがある人を対象に、その理由を質問した。周りの環境や直接話さないことによるメリットが見受けられたという。
出典元:プレスリリース

■7.8%は「オーディション」を受けたことがある。受けなかった理由「勇気が出なかった」

最後に、今までオーディションを受けた経験があるかを質問した。「受けたことがある」と回答した人は7.8%、「受けたいと思ったが、受けなかった」と回答した人も同数の7.8%。多くはないが、一定数はオーディションに興味があることが分かった。さらに、受けたいと思ったものの、受けなかった理由を聞いた。6割以上が回答したのは「勇気が出なかったから(64.1%)」。「日程が合わなかった(25.6%)」「遠いから(25.6%)」「交通費が高いから(23.1%)」といった回答も2割を超えた。物理的、精神的な面から、実際に足を運んでオーディションを受けることにためらいがある人がいることが分かった。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
調査概要
・調査テーマ:オンライン上のコミュニケーションに関する調査
・調査方法:WEBアンケート調査
・調査対象者:全国の中学生・高校生の男女250名※
全国の18歳(高校3年生を除く)以上29歳以下の男女250名
※全国の中学生・高校生の子供を持つ男女250名による代理回答(子供と一緒に回答)
・調査実施日:2020年7月17日~21日
・調査主体:株式会社テアトルアカデミー

人気の記事