Today's PICK UP

SDGsスポーツ「プロギング」、ポイ捨てデータを活用へ

株式会社Gabは、ゴミ拾いとジョギングを組み合わせたスポーツ「プロギング」普及を目指す「一般社団法人プロギングジャパン」と、ポイ捨てデータをイベント開催に活用することで環境美化推進とコミュニティ形成を加速させていくことで合意したと発表した。さらに「MyGOMI.×プロギングジャパン」として、東京都江東区の街の美化に貢献する団体を支援する「江東区アダプトプログラム」に採択され、8月30日の豊洲で実施する第一回プロギングイベントを皮切りにポイ捨て路上ゴミ抑制の実証実験を行うという。

■背景

現在、プラスチックゴミ問題は世界中で問題視されており、2050年には海洋プラスチックゴミの量が魚の量を超えると予測されている。その対策として各国でレジ袋の有料化・禁止やプラスチックストローの廃止が進められ、日本でも7月1日からレジ袋の有料化が義務付けられた。街中のポイ捨ても海洋プラスチックゴミの一因となっているため、今後は日々のゴミ拾い活動やイベントなどを通して、地球のためにポイ捨てを減らしていく必要があるという。そこで、誰でも楽しくポイ捨て問題の解決に貢献できるプロギングというスポーツがもっと身近な存在となり、その輪が広がることで海洋プラスチックの大きな削減につながると考え、マイゴミのデータとプロギングジャパンの取り組みと掛け合わせることでその流れを加速させるとのことだ。

■協業のメリット

出典元:プレスリリース
プロギングイベントを開催する際の最も大きな課題は、ポイ捨てが多い地域を見つけることだという。今までは、主にGoogleストリートビューを用いてポイ捨てが確認できる地域を探していたが、リアルタイムの様子が分からず、データの信憑性が問題となっていた。そこで、マイゴミに毎日集積されているデータを活用すれば、正確なデータを元にポイ捨てが多い地域を見つけることができるため、日本全国の各地域にてより効果的なプロギングイベントの開催が可能になるという。今回の協業によって、定期的なプロギングイベントの開催による地域の持続的な美化だけでなく、コミュニティ形成を通して参加者の心身の健康など幅広く地域に貢献するとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。