Today's PICK UP

伊豆のワーケーション施設がスマートホーム対応に

レイポイント合同会社は、伊豆ハウスがスマートホーム対応となり、声でライトの調光調節、エアコンのオンオフなどの操作ができるようになったと発表した。
静岡県伊東市・伊豆高原に位置する『伊豆ハウス・ラグジュアリーログ暖炉』にスマートホームが導入された。「スマートホーム化に興味はあるけど、実際に使用してみないとよくわからない」、「スマートホーム家電に興味はあるけど、まずは触ってみたい」など、スマートホームに興味がある人は伊豆ハウスに宿泊やワーケーションしながらスマートホームを体感することができる。

■スマートログハウス

2階客室内にて、数々のスマートホーム家電が配置されている。室内ライト、ベッドサイドライト、アレクサを使った天気予報情報の閲覧や音楽ストリーミングが利用可能だ。調光機能は便利で一度使ったら自宅にも欲しくなると言う利用者のコメントがあったという。伊豆ハウスに宿泊しワーケーション体験をしながら、便利なスマートホームを体験することができる。

■伊豆ハウスの考える理想のワーケーションとは

高速Wifi
高速Wifiと電源があればどこでも仕事ができる。そんなワークスタイルを好む人が増えているようだ。伊豆ハウスでは、Sonet(NTT東日本)提供の高速インターネット完備となっており、電話会議やzoomでのWEB会議でも安心して参加することができる。外出中にもSlackやチャットワークなどを確認したい人には、ポータブルWiFiの貸出も可能となっている。

集中できる椅子、デュアルモニター
伊豆ハウスには、コクヨの高級オフィスチェアing(イング)を設置している。「働くためのコンディションを整えながら、快適なデスクワークをサポートする多彩な機能」を持つ椅子なら集中力を切らすことなく仕事に打ち込むことができる。また31.5型モニターでパソコンをつないでデュアルスクリーンを使用することで仕事がサクサク進む。31.5型モニターにはAmazon TVをセットアップしているので、気分転換に映画などを見ることも可能だ。合わせて15.6インチのモニターも用意されている。こちらは持ち運び可能となっており、バルコニーでも使うことが可能だ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。