Today's PICK UP

ファッションレンタルサービスに関する調査、6割以上が「満足」と回答

株式会社lamireは、ファッションレンタルサービスを利用したことがある男女500名を対象に調査を行い、結果を発表した。

■利用したファッションレンタルサービスに「満足」の回答63.9%

出典元:プレスリリース
調査をしたなかで、実際に満足感を覚えている人は63.9%と高い割合であることがわかったという。反して不満・やや不満は4.7%の結果だった。次に、「費用」「注文・返送のしやすさ」「好みに合う」「サイズ感」「届く枚数」の各項目別の満足度については以下になった。
出典元:プレスリリース
満足度の内訳のなかで高かったのは「注文・返送のしやすさ」「サイズ感」だ。もっとも低い項目は「1ヶ月に届くアイテム数」で、その差はたった0.2ポイントだった。

■ファッションレンタルサービスの利用者は30代が最多

出典元:プレスリリース
利用者の分布を確認すると、30代が39.2%、20代が28.2%、40代が21.0%となった。

■洋服レンタルサービスを選ぶときは「好みの服が多い」かを重視

多くの洋服レンタルサービスから実際に利用したものを選んだ決め手は何だったのか。
出典元:プレスリリース
67.2%は「好みの服が多い」ことを重視していた。次いで「価格」「サイズ」などが続いた。

■アンケート中もっとも利用者が多かったサービスは「MECHAKARI(メチャカリ)」

出典元:プレスリリース
もっとも使ってよかったサービスを聞いたところ、1位はMECHAKARI(メチャカリ)だった。コメントを確認するとアイテム数の多さが、選ばれた要因のようだという。

調査概要:洋服レンタルサービスの満足度調査
調査日:2020年4月28日~5月7日
調査方法:インターネット調査
調査人数:500人
調査対象:全国10~60代の洋服レンタルサービスを利用したことがある男女
調査主体:ゼネラルリサーチ株式会社
調査結果の詳細はこちらに公開されている。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。