Today's PICK UP

ライオン、IoTハブラシのテストマーケティングを実施へ

ライオン株式会社は、ハブラシにアタッチメントをつけて専用のアプリと連動させることで、子どもが自主的にきちんとした歯みがきを続けることを可能にする IoT を活かした商品サービス『クリニカ Kid's はみがきのおけいこ』のテストマーケティングとして、アスクル株式会社の日用品ショッピングサイト『LOHACO(ロハコ)』を通じた販売を、2020年9月9日(水)から開始すると発表した。

■発売の狙い

女性活躍推進や、テレワークの推奨といった働き方改革が進む中、育児においては子どもの自立・自発的な生活習慣を定着させるニーズが高まりつつある。一方、幼少期の子どもは、「触覚防衛反応」と呼ばれる本能的な働きにより、ハブラシを口に入れることを避けると言われており、子どもに「歯みがき」の習慣を教えることは、親にとって物理的にも心理的にも負担感が大きく、子育てにおける一つの大きな課題になっている。

そこで今回、小児歯科専門家の指導の下、加速度センサーを内蔵しハブラシの動きをセンシングできるアタッチメント本体を開発し、さらに、絵本研究家の助言を受けながら、子ども自身が「歯みがき」の大切さを理解し、やりがいや上達を実感できる絵本型コンテンツのスマートフォンアプリを開発したとのことだ。これらを連動させて、子どもが自主的にきちんとした歯みがきを続けることを可能にする、IoT を活かした商品サービス『クリニカ Kid's はみがきのおけいこ』のテストマーケティングを、LOHACO 特設サイトにて開始する。

同社は、デジタルトランスフォーメーションを活用して、本アプリを通じて子ども一人ひとりの歯みがき行動データを取得。そして、その行動データと、LOHACO における顧客・購買データなどのビッグデータとを、アスクル株式会社が展開するデータマーケティング支援サービス「LOHACO Insight Dive」の仕組みを使って連携することで、子どもの歯みがき実施状況に合わせたみがき方やおすすめのオーラルケアグッズの提案など、総合的なデータソリューションを提供するとのことだ。

■商品サービスの特長

『クリニカ Kid's はみがきのおけいこ』は、ハブラシに取りつけるアタッチメント本体とスマートフォン上で使用するアプリとで構成される。専門家の指導のもと、子どもが自主的に続けられるような工夫を取り入れ、単なる楽しさだけではなく「きちんとした歯みがき」を身につけることを実現する商品サービスだ。

アタッチメント本体: センサー搭載でブラッシングデータを蓄積
『クリニカ Kid's ハブラシ 3~5 才用』にとりつけてアプリと連動させるだけで、加速度センサーにより、みがく位置とみがく速度をセンシングして、対象とする子ども一人ひとりのブラッシングのデータを蓄積。アタッチメント本体は、micro USB で充電可能で、面倒な電池交換が不要だ。満充電あたり、「アプリモード」で約120回(約300分)使用できる。

アプリ:子どものがんばりを可視化して成功体験を積み重ねられる 親子で楽しみながら続けられるアプリ設計
上手に歯みがきができたかを点数で評価し、子ども自身が上達を実感できる。親は重点的に仕上げみがきする場所が分かる。さらに、アプリの中では、“泥んこで汚れてしまった動物のキャラクターを歯みがきできれいにする”というストーリーが展開される絵本型コンテンツにより、子どもが歯の清潔という概念を理解しやすく、キャラクターのために歯みがきを上達したいと自ら向上心を持つ設計になっている。歯みがきに楽しく取り組むきっかけを与えるだけでなく、歯みがきの内容そのものに対する興味を高める工夫を組み込むことで、飽きずに長く続けられる内容となっている。

■テストマーケティングの取り組み

今回同社は、デジタルトランスフォーメーションを活用したテストマーケティングを開始するに当たり、パートナーとして LOHACO が展開するデータマーケティング支援サービス「LOHACO Insight Dive」と取り組むこととした。今回のテストマーケティングでは、『クリニカ Kid's はみがきのおけいこ』のアプリを通じて取得する子ども一人ひとりの歯みがき行動データと、LOHACO における顧客・購買データを「LOHACO Insight Dive」内で連携することで、子どもの歯みがき回数や歯みがきのスキル、家族の普段よく買う物の傾向などのデータに基づいて、一人ひとりに応じたハブラシの交換のタイミングや、おすすめのオーラルケアグッズなどを、アプリ画面上で知らせる。
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。