Today's PICK UP

心理的安全性を育てる職場コミュニケーション改善サービスが無料提供を開始

株式会社LOKOSOLは、心理的な安全性を育てる職場コミュニケーション改善サービスを提供している。「どのようなサービスなのか気軽に体験したい」という声に応え、無料でのお試しの提供を開始すると発表した。

■「ロコソル」サービスフロー

出典元:プレスリリース
WEBアプリで一緒に働いている人のことや社員の組織へのニーズを「知る」ことを起点に、同社が毎月レポートを発行。その中で面談を勧める社員の上司(企業)には、部下への問いかけのヒントを伝える。定期的なミーティングでは、企業と一緒に組織改善と社員ケアについて協議する。

【サービスの強み】
(1) 社員の思いや状態を無理なく出すことができる
社員の本音を捉えることはとても難しいことだが、スムーズに自分を表現できる仕掛け・工夫に力を入れているという。

(2) アプリでのデータを活用し、今、何が起きているのか?を見える化できる
組織、個人の普段の傾向と違う部分に注目。ミーティングなどを通じて、なぜの部分も深掘りして、組織改善や社員ケアの精度を高めていく。

(3) 代表がうつ病から復活した経験がある
自身が復活した経験や周囲の疾患・障がい者たちと接してきた経験から、職場マイノリティが活躍しやすい職場環境は社員全員が活躍しやすい場でもあるという信念を持ってサービス提供しているという。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■無料お試しの内容について

期間:1ヵ月
対象人数:~20名ほど(応相談)

(1) ワークショップ開催 or 全社組織診断(1つ選択)
ワークショップは参加型で、あるテーマに対して一人ひとりが意見出し、情報共有を行う(オンライン対応も可)。組織診断は心理的安全性、ストレスチェック、従業員エンゲージメントに関する診断。
※組織診断は人数制限なし。

(2) WEBアプリ利用
開始時に導入説明会を実施する。

(3) レポート提出、面談
お試し期間の間に得た情報を整理し、レポ―トにて提出。それを基に企業と面談する。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。