Today's PICK UP

Webブラウザで高品質なバーチャル展示会を開催できる新サービスが発表

スペースラボ株式会社(以下、スペラボ)は、2020年9月9日にWebブラウザ上でバーチャル展示会をハイクオリティ・ハイスピード・ローコストで開催できる「バーチャル展示会360」を発表した。
「バーチャル展示会360」は、Webブラウザからストリートビューで参加ができるサービス。アプリなどのインストールが必要なく、会社支給でセキュリティのかかった端末(パソコン・スマートフォンなど)からでも利用できる。最短1週間で簡単にバーチャル空間をつくることができ、リアルでは難しい3DCGならではのリッチな空間演出も可能だ。リアルの展示会のように、音声による呼び込み機能や、回遊性を高めるコンテンツ設計により、来場者は賑わいを感じながら、ワクワクと会場を巡ることができる。

また、リアルの展示ブースを企画する際のパースデータをバーチャル展示会にもそのまま活用することができ、リアルとバーチャルのハイブリッドで展示会を開催することもできる。「バーチャル展示会360」は、10月21日~23日に開催されるコンテンツ東京に出展する。

■「バーチャル展示会360」の特徴

① ハイクオリティなバーチャル空間によるオリジナルな顧客体験
回遊性を高める空間演出やコンテンツ設計により、ECのような目的探索型ではなく、ウィンドウショッピングのようにまだ知られていないものとの出会いを創出することができる。

② Webブラウザでアクセスできるため、パソコン・スマートフォンなどの端末から簡単に参加可能。セキュリティガードにも対応
アプリのインストールが必要なくWebブラウザから簡単にアクセスができる。

③ 来場者の行動分析ができるアナリティクス機能
アナリティクス機能により、人気エリアや人気コンテンツ、人流データなどの来場者の行動データが分析でき、デジタルマーケティングへの移行も容易だ。管理画面から、主催者は全来場者、出展者はブース来訪者のデータを確認することができる。

④ ハイクオリティ・ハイスピード・ローコスト
10万点以上の3Dデータストックと、国内最大規模となる50名以上のバーチャルデザイナーによって、ハイクオリティ・ハイスピード・ローコストでバーチャル空間を制作することができる。
<参考例>
小規模展示会
・主催者:バーチャル会場利用料(20社規模・1週間開催で150万円〜)
・出展者:バーチャル空間制作(20万円〜)
大規模展示会
・300社以上出展のバーチャル展示会もおよそ3ヶ月で開催
「バーチャル展示会360」の機能

主催者・出展者・来場者、それぞれの管理画面が用意されている。各出展ブースには、デジタルマーケティングに役立つオンラインならではの機能を用意し、リアルの展示会以上のユーザビリティを備えている。各種機能は今後もアップデートしていく予定だという。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。