Today's PICK UP

自律走行型配送ロボット「YUNJI DELI」が実証実験を実施

NECネッツエスアイ株式会社の自律走行型配送ロボット「YUNJI DELI(ユンジ デリ)」活用サービスが、東京都の「Tokyo Robot Collection」事業の『多種多様なロボット連携による安心・安全なエリアマネジメント実現に向けた実証』に採択されたと発表した。その実証実験をHANEDA INNOVATION CITYにて9月18日(金)から9月20日(日)まで実施する。

■実施概要

日程
2020年9月18日(金)から9月20日(日)まで

場所
HANEDA INNOVATION CITY(大田区羽田空港1-1-4)

実証実験内容
・フードコートエリアでの配送を行い、実環境における走行の確認と飲食店における運用方法の検討
・感染症対策の観点から必要となる対策や運用方法の確認
・来場者やスタッフのロボットに対する反応・リアクションの確認

自律走行型配送ロボット「YUNJI DELI」の特長
・最大50kgの荷物を配送できる大容量な積載スペース
・前後両方向の走行で、狭い通路幅でも運用できる高い機動性

自律走行型配送ロボット「YUNJI DELI」本体
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。