Today's PICK UP

SHOWROOM、バーティカルシアターアプリの本格提供を開始

SHOWROOM株式会社は、2020年10月22日(木)より、スマートフォンでの視聴に特化した、プロクオリティの短尺動画を配信するバーティカルシアターアプリ「smash.」の本格提供を開始すると発表した。
「smash.」では、第一弾のHey! Say! JUMPやトップアーティスト、人気声優陣のコンテンツ参加を皮切りに、今後も、ライブ・音楽映像、ドラマ、ドキュメンタリー、アニメなど、「smash.」でしか見られない、幅広いジャンルのオリジナル短尺コンテンツを配信する。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■「smash.」について

スマートフォンに特化した5~10分程度の短尺映像コンテンツを、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティなどの幅広いジャンルで展開するバーティカルシアターアプリ。ジャニーズ事務所や音楽プロデューサーの秋元康氏をはじめ、大手芸能事務所、大手制作会社の協力のもと、2021年3月31日までに、2,600本のコンテンツ提供を予定しているという。

■「smash.」独自の新体験・新ジェスチャー「PICK機能」とは

「smash.」の大きな特徴として、「つまむ」ようにして動画を切り取る、「PICK(ピック)」という新機能がある。作品の好きな瞬間を動画で最大15秒まで、二本の指でつまむように切り取って、アプリ内のマイページに保存、アプリ内で投稿したり、そのまま個人の各主要SNSでシェアしたりできる機能だ。この、「つまむ」動作が、スマートフォンのジェスチャー体験における新しいスタンダードになると確信して、リリース初期から実装しているという。また、「smash.」上で他のユーザが投稿したPICK画像・PICK動画に対して自由にコメント投稿したり、他者のコメントを閲覧したりすることも可能だ(自分の投稿に対しても同様の事が可能)。さらに、PICK画像・PICK動画を、「smash.」アプリ内マイページにストックまでできるため、自身が気に入って切り取ったシーンを、好きな時に、好きなだけ楽しむことができる。

今回独占配信するHey! Say! JUMP のオリジナルMV・オリジナル作品では、全てのコンテンツにてsmash.のPICK機能の利用が可能。そのため、ファンはお気に入りの瞬間を自由にSNSに投稿したり、アプリ内でコメントを寄せあったりするなど、新たな視聴体験を味わえるとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。