Today's PICK UP

IoT市場における"AIアプリのマーケットプレイス”拡大へ!エッジAIプラットフォームのIdein、20億円の資金調達

Idein株式会社は、エッジAIプラットフォームActcastの事業拡大に向け、第三者割当増資により20億円の資金調達を実施したと発表した。これにより同社の累積資金調達額は約33億円となる。
第三者割当増資の引受先は、アイシン精機株式会社、KDDI株式会社(KDDI Open Innovation Fund3号)、双日株式会社、株式会社DG Daiwa Ventures(DG Lab 1号投資事業有限責任組合)、株式会社DGベンチャーズ、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、いわぎん事業創造キャピタル株式会社(岩手新事業創造ファンド2号投資事業有限責任組合)となっている。引受先の多くが、事業会社およびその関連会社であり、エッジAIプラットフォームであるActcastの自社及び事業での活用について取り組む重要なパートナーとなっている。今回の資金調達を経て、そのパートナーシップをより強固なものとし、Actcast事業の拡大を加速させるとのことだ。

■資金調達の背景:Actcast事業の拡大開始

Ideinは、2020年1月にActcastの正式版をリリースした。そしてActcastエコシステムにおいて重要なパートナプログラム Actcast Partner Programを拡大させ、現在71社が参加している。4月には事業開発部を創設し、既に複数の事例及びPoC案件を抱え、まさにActcast事業の本格的な拡大に向けたスタートラインにあるという。このような背景の中、Actcast事業の拡大をより着実に実現させ、更なる成長への足がかりとすべく、事業戦略ラウンドとして位置づけた資金調達を実施するに至ったとのことだ。

■事業戦略ラウンドとして取り組んだ目的・狙い

・Actcastの利活用に取り組む事業会社とのパートナーシップの強化と導入加速
・Actcast事業の本格的な拡大を実現する事業開発体制の拡充、人材の採用
・Actcastの更なる競争力強化に向けた研究開発体制の拡充、人材の採用

■Actcastについて

エッジデバイス上で画像解析AIなどを実⾏して実世界の情報を取得し、Webと連携するIoTシステムを構築・運⽤する為のプラットフォームサービス。安価なデバイスを用いてエッジ側で解析を⾏い、不要な情報を送信しない事によって運⽤コストを⼤幅に削減し、プライバシーへの配慮も行いながらAI/IoTシステムの普及を実現する。セキュリティ、産業IoT、リテールマーケティング、MaaSなど様々な分野で利⽤する事が可能だ。AI/IoTシステムにおいて、クラウドだけでなくエッジの計算資源を活用しようという大きな流れがある一方、その実用化には課題が存在しているのが現状だ。その課題を解決する革新的な技術及びプラットフォームとして同社が開発したものがActcastだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事