Today's PICK UP

台湾の水族館でARを活用した「お土産アプリ」が公開

株式会社ロボット(以下、ROBOT)は同社が企画制作を行なったアプリ「Xpark AR」を2020年11月11日から、台湾・桃園の水族館「Xpark」にて公開すると発表した。
ROBOTはこれまで映画・TVCMなどを中心とした映像エンタテインメントの企画プロデュースを手掛けてきた。今回の「Xpark AR」は、その映像エンタテインメントとデジタル技術を組み合わせた新たな取り組みだ。Xparkに来場した人が館内のスポットにカメラをかざすと、オリジナルキャラクターのショートアニメーションがARで展開。また、お土産として持ち帰ることができるプロダクトにも同キャラクターたちが登場するARアニメーションが仕込まれている。今回のコンセプト《プロダクト×映像エンタテインメント》は、離れていてもプロダクトに込められたストーリーを体験できる、ニューノーマル時代に対応した新しい可能性をもったエンタテインメント手法とのことだ。

■開発の概要

ARアプリの開発においては、オープンソースのプログラムと独自のプログラムを掛け合わせたARシステムを構築している。ARマーカーとなるプロダクト側についても、パッケージやぬいぐるみのデザインと製品監修を行っている。

■サービス概要

タイトル : Xpark ARアプリ
発売元 : Xpark/ROBOT
ジャンル : スマートフォン向けARアプリケーション
※iPhone、Android 対応 ※App store、Google Playストアからダウンロード可能
価格 : 無料
配信日 : 2020年11月11日(水)
出典元:プレスリリース

人気の記事