Today's PICK UP

山手線を舞台にしたアートと音楽の祭典にARアートコンテンツが導入

SoVeC(ソベック)株式会社は、Visual Positioning Service(以下、VPS)技術を活用し、日常空間にARを表示させるアプリ「XR CHANNEL」のコンテンツ第四弾として、山手線30駅を舞台にしたアートと音楽の祭典「HAND!in Yamanote Line‐山手線でアートと音楽を楽しむ15日間‐」にてARアートコンテンツを2020年11月16日より提供すると発表した。
SoVeC株式会社とKDDI株式会社にて2020年8月31より提供を開始した本アプリでは、街の建物などの3次元情報をスマートフォンやスマートグラスのカメラ機能で認識できるVPSとAR技術を組み合わせることで、日常の空間に、デジタル看板やナビゲーションに加え、広告宣伝、エンターテインメント、アート、教育などの臨場感のあるコンテンツの表示が可能になる。ユーザーは、本アプリを通じて、街の風景とARコンテンツが空間上で連携、作用し合うような新しい体験が楽しめる。

本アプリで実施したプロスポーツチームとのスペシャルコンテンツ提供に続き、山手線30駅を舞台にしたアートと音楽の祭典「HAND!in Yamanote Line‐山手線でアートと音楽を楽しむ15日間‐」にてARアートコンテンツを提供する。

SoVeCでは、「テクノロジーの力でコミュニケーションを進化させる」というミッションのもと、これまでも企業やクリエイター・アーティストに対して、コミュニケーション領域における新たなソリューションを提供してきたが、今回、国内外で活躍するアーティストの中田拓馬氏とコラボレーションし、新型コロナウイルス感染症の終息の願いを込め、東京駅周辺を東日本エリアの伝統アート「赤べこ」「七夕飾り」「三角だるま」をモチーフとしたARアートコンテンツで彩るとのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■「HAND!in Yamanote Line‐山手線でアートと音楽を楽しむ15日間‐」ARアートコンテンツ

日時:11月16日(月)~30日(月)
※日没後は利用できない場合がある。
場所:東京駅改札外 丸の内駅前広場
内容:新型コロナウイルス感染症の終息の願いを込めて、東京駅とそこから広がる東日本エリアをARアートコンテンツでつなぐ。専用アプリ「XR CHANNEL」をダウンロードし、スマートフォンからARアートを無料で楽しむことができる。

人気の記事