Today's PICK UP

山手線を舞台にしたアートと音楽の祭典にARアートコンテンツが導入

SoVeC(ソベック)株式会社は、Visual Positioning Service(以下、VPS)技術を活用し、日常空間にARを表示させるアプリ「XR CHANNEL」のコンテンツ第四弾として、山手線30駅を舞台にしたアートと音楽の祭典「HAND!in Yamanote Line‐山手線でアートと音楽を楽しむ15日間‐」にてARアートコンテンツを2020年11月16日より提供すると発表した。
SoVeC株式会社とKDDI株式会社にて2020年8月31より提供を開始した本アプリでは、街の建物などの3次元情報をスマートフォンやスマートグラスのカメラ機能で認識できるVPSとAR技術を組み合わせることで、日常の空間に、デジタル看板やナビゲーションに加え、広告宣伝、エンターテインメント、アート、教育などの臨場感のあるコンテンツの表示が可能になる。ユーザーは、本アプリを通じて、街の風景とARコンテンツが空間上で連携、作用し合うような新しい体験が楽しめる。

本アプリで実施したプロスポーツチームとのスペシャルコンテンツ提供に続き、山手線30駅を舞台にしたアートと音楽の祭典「HAND!in Yamanote Line‐山手線でアートと音楽を楽しむ15日間‐」にてARアートコンテンツを提供する。

SoVeCでは、「テクノロジーの力でコミュニケーションを進化させる」というミッションのもと、これまでも企業やクリエイター・アーティストに対して、コミュニケーション領域における新たなソリューションを提供してきたが、今回、国内外で活躍するアーティストの中田拓馬氏とコラボレーションし、新型コロナウイルス感染症の終息の願いを込め、東京駅周辺を東日本エリアの伝統アート「赤べこ」「七夕飾り」「三角だるま」をモチーフとしたARアートコンテンツで彩るとのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■「HAND!in Yamanote Line‐山手線でアートと音楽を楽しむ15日間‐」ARアートコンテンツ

日時:11月16日(月)~30日(月)
※日没後は利用できない場合がある。
場所:東京駅改札外 丸の内駅前広場
内容:新型コロナウイルス感染症の終息の願いを込めて、東京駅とそこから広がる東日本エリアをARアートコンテンツでつなぐ。専用アプリ「XR CHANNEL」をダウンロードし、スマートフォンからARアートを無料で楽しむことができる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。