Today's PICK UP

CCCマーケティング、T会員基盤とDNPのBPOサービスを連携させた新たなOMOダイレクトマーケティングサービスを提供開始

CCCマーケティング株式会社は、CCCマーケティングが有するT会員基盤と、大日本印刷株式会社(以下、DNP)が有するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスを連携させた、新たなOMOダイレクトマーケティングサービスを法人企業向けに提供を開始したと発表した。
ニューノーマル時代において生活者の消費マインドが大きく変容し、より共感性のあるサービスや商品に対するニーズが高まる中、企業のコミュニケーション戦略は生活者に寄り添ったものへと変化が求められている。このような環境下、CCCマーケティングは、企業と生活者とのタッチポイントを時代に沿ったコミュニケーションとしてサポートするため、新たなダイレクトマーケティングサービスを提供する。

CCCマーケティングは、オリジナルのAI技術を活用し、多様化するライフスタイルやニーズに沿った情報を、5,500万人を超えるT会員に対して届けている。一方、DNPは、企業の商品やサービスを生活者に届けるDMとその後のフォローアップまでをワンステップで提供するBPOサービスをさまざまな企業へ提供している。

今回のOMOダイレクトマーケティングサービスでは、T会員へ送付するDMにそれぞれ個別のQRを生成して印字することにより、送付されたDMの商品やサービスの興味関心を可視化し、見込み顧客に対して、より精度の高い情報提供(購入機会)ができるようになる。本取り組みにおいてCCCマーケティングは、データベースを活用した企画の立案、セグメント抽出、効果検証を実行し、DNPはQRコード付きのDM作成、発送、アウトバウンドコールの実行支援を推進する。

【OMOダイレクトマーケティングサービス内容】
実施メニュー:T-DM・アウトバウンドコール・ユニークQRコード検証
対象者:5,500万人のT会員
サービスメリット:費用対効果の向上・見込み顧客の可視化
スケジュール:DM発送後約1週間でアウトバウンドコールを実施
※アウトバウンドコールはT会員規約に則り実行する

今回の協業により両社が有するアセットを連携させることで、生活者に対して一方通行なコミュニケーションではなく、双方向できめ細やかなダイレクトコミュニケーションが可能となり、商品やサービスへの共感の醸成やブランド体験を最大化させるカスタマージャーニーが実現するとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。