Today's PICK UP

塩野義製薬、ケンブリッジ大学・アストラゼネカと研究コンソーシアムを設立

塩野義製薬株式会社は、英国ケンブリッジ大学およびアストラゼネカ社と共同で、医薬品等の化学合成における自動化とデジタル化に向けた研究コンソーシアムを新たに設立したと発表した。本コンソーシアムは、欧州地域開発基金からの拠出を受ける。
医薬品の研究開発において化学合成は、設計した化合物を期待される期間内に作り、種々の有効性と安全性を評価する試験に供給する上で必須の技術だ。一方で、化学合成は研究者の手による多段階の工程を必要とし、また経験に頼る所も大きく、必ずしも望む化合物が目標とする期間内に得られるわけではない。本コンソーシアムでは、化学合成の加速に向けて、以下3つの重点領域について、アカデミアと企業研究者のコラボレーションを推進する。
・人工知能と自動化による化学合成の加速
・化学実験のロボット化
・大規模生産へ向けた工程検討を加速する人工知能アルゴリズムとツール開発
これらを実現することで、必要な化合物をより迅速に供給するとともに、研究者がアイデアの創出により集中できる時間を確保することで、医薬品の研究開発のさらなる加速が期待されるとのことだ。

本コンソーシアムの代表でありケンブリッジ大学 化学工学・生命工学科のAlexei Lapkin教授は、「大学内の複数の研究科にまたがる専門家が最新鋭の研究施設において知識を持ち寄り、製薬分野におけるリーディングカンパニーである塩野義製薬、アストラゼネカ社のサポートを受けることで、新分野であるデジタル化学技術の発展が可能になります」と述べている。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。