Today's PICK UP

スマホで温度調節可能なアウターがクラウドファンディングリリースへ

株式会社サードオフィスは、「技術をデザインで最大化する」をコンセプトに掲げる「XROSS D(クロスディー)」プロジェクトを立ち上げ、クラウドファンディングサービスMakuakeにて、最大53℃まで温度調節できる「マウンテンパーカー」、「オーバーコート」を2020年11月27日にリリースすると発表した。
本品は、先進のデジタル技術を採用したヒートジャケット。専用アプリで温度調節が可能なモジュールが搭載されており、考え抜かれた多機能な仕様が沢山備わっているという。タウンユースからオフィスユースまで、様々なシーンに使える3シーズン着用可能な万能アウターだ。

■商品概要

・従来の電熱線に代わり、ストレッチャブル導電性Agペーストのモジュールを採用。
・スマートフォンとのBluetooth接続により、専用アプリで1℃単位での温度調節可能。
・最高設定温度53℃まで、約3分で到達。
出典元:プレスリリース
・モバイルバッテリーによる給電式。
・脱着式のインナーダウン付き。組み合わせて3シーズン着用が可能。
・3サイズ展開でユニセックス対応。
・表地には撥水性・耐久性・耐摩耗性に優れたCORDURAの生地を採用。

■商品特性

➀腕の可動域を考慮して配置されたマチ付きのポケット搭載。高いモビリティーを実現
マウンテンパーカーには6個、オーバーコートには8個、更に脱着式のインナーベストには3個のポケットが付いている。
➁熱や湿気を逃すベンチレーション機能搭載
寒い時はヒートモジュールで加温、暑くなったら両脇下のベンチレーション(両開ファスナー)によって、衣服内にこもった不快な熱や湿気を逃すことが可能だ。
➂急な雨にも対応可能なフード付き
マウンテンパーカーにはもちろんのこと、オーバーコートにもフードが付いているので急な雨などの天候の変化にも対応が可能だ。
※オーバーコートのフードはパッカブル仕様。
➃便利なイージーフッカー
イージーフッカー付き。ちょっとした出先でもかさばらず、フックにかけておくことができる。
➄取り外し可能なヒートモジュール
スナップボタンを外し、裾ファスナー(インナーベスト)からヒートモジュールを取り外せる。クリーニング店での洗濯にて手入れが可能。ヒートモジュールは簡単に装着・取り外しが可能だ。

商品情報
商品名:MOBILE HEAT JACKET
販売価格:マウンテンパーカー ¥69,000(税込)、オーバーコート ¥79,000(税込)
製造国:中国
サイズ展開:S / M / L ※Sサイズは女性でも着用できるサイズ感。
カラー:
・マウンテンパーカー
(BLACK / KHAKI) 
出典元:プレスリリース
・オーバーコート
(BLACK / NAVY) 
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。