Today's PICK UP

大和ハウス工業、「デジタルコンストラクション」の実現を目指した基本合意書を締結

大和ハウス工業株式会社と株式会社トプコンは、建設現場の全工程をデジタルデータによる一元管理で生産性の向上等を目指す「デジタルコンストラクション」の実現と推進に向け、基本合意書を締結したと発表した。
大和ハウス工業は、「建築の工業化」を企業理念に建設業のシステム化および生産性の向上に取り組んでいる。2017年には、BIM推進室を設立し、設計のBIM化を図るとともに、2020年10月からは、施工現場のデジタル化に向けた遠隔管理の実証実験として、全国10カ所の事業所に、戸建住宅の施工現場を遠隔管理できる「スマートコントロールセンター」を設置するなど、建設工事の完全BIM化を目指している。

トプコンは、『「医・食・住」に関する社会的課題を解決し、豊かな社会づくりに貢献します。』の経営理念のもと「住(Infrastructure)」の分野では、世界的なインフラ需要に伴う技能者不足に対処すべく3次元計測機や建機を自動制御できるICT自動化施工システムをはじめとするソリューションで、建設工事のワークフローを一元管理する「建設工事の工場化」により、高精度化と人手不足の解消を実現し生産性及び品質の向上を進めている。

一方で内閣府は、「Society5.0」の建設業における生産性を2025年までに20%向上させる目標を掲げている。そのような中、両社は基本合意書を締結し、両社が保有するバーチャルな空間で設計・施工の工程管理を行うBIMとデジタル測量システム、ICT自動化施工技術を融合させることにより、建設工事の生産性向上を目指す。また、3次元のデジタルモデルにコストや仕上げ、管理情報などの属性データ「デジタルエビデンス」を付与することにより、先進的な建設工程の実現に向けた取り組みを進め、建設現場のDX革命「デジタルコンストラクション」の実現を目指すとのことだ。

■基本合意書の概要

【目標】
「Society5.0」の建設業の基本理念に準拠
建設業における生産性を2025年までに20%向上させる目標に積極的に貢献
【方針】
デジタルコンストラクションの施工現場への本格適用
【施策】
・施工現場をデジタル化するための標準化構築
・建設現場のデジタルツイン<バーチャル(BIM)とリアル(現場)>技術の構築
・デジタルエビデンスの管理手法の確立と維持管理への活用

■両社の「デジタルコンストラクション」実施事例

両社は、2020年10月に竣工した株式会社トプコンオプトネクサスの先進的光学部品工場の建設において、敷地測量から基礎工事、鉄骨工事、本体工事、外構工事等の工程で、両社の先進技術を用いることで、省力化と生産性を大幅に向上させたという。
出典元:プレスリリース
採用されたデジタル施工例
【測量プロセス】3次元デジタル測量器を使った墨出し
【施工プロセス】ICT自動化施工システムによる作業の工程管理と品質の均一化
【検査プロセス】3次元レーザースキャナーによる品質チェック

人気の記事