Today's PICK UP

ハチ公バスでAI画像解析技術を利用した乗降者分析の実証実験が開始

Intelligence Design株式会社は、同社開発のAIカメラソリューション「IDEA counter」を利用したハチ公バスの乗降者調査業務での検証を行うと発表した。

■本取り組みの背景

従来、よりよい街づくりのために通行量調査などを各自治体で実施しており、一部では機械計測の検討も進められている。一方でバス乗降者数の調査においては、ICカード情報、センサー情報だけでは機械化までの課題も多く、検討が進んでいない現状があった。そこで、同社のAIカメラソリューション「IDEA counter」を利用することで、画像情報をもとに乗降者数や密状態を機械的に把握し、より良い運行計画策定に役立てたいという狙いがあるとのことだ。

■実証実験概要

本実証実験では、ハチ公バスの1ルートに「IDEA counter」を設置し、画像解析AIモデルを活用して乗降者数や属性、密状態を測定・推測する。これらのデータを走行ルートや時間帯ごとに傾向を分析をすることでハチ公バスによる区民サービスの更なる向上を目標としている。また、密状態の把握により、昨今のコロナウイルス感染症対策にも活用できると考えているという。

【実証実験の実施予定期間】
2020年12月下旬〜2月下旬
出典元:プレスリリース

■製品概要

【1】移動体にも簡単に設置可能
「IDEA counter」は携帯電話同様セルラー方式の通信を利用している為、乗り物等の移動体にも設置可能。サイズもコンパクトかつ軽量なため、限られた空間でも簡単に設置し、端末の設定をするだけで利用できる。これらの特徴を活かし、スピーディーかつ低コストな実証実験を実施する。

【2】豊富な画像解析AIモデルで要望に幅広く対応可能
豊富な画像解析AIモデルを要望に合わせて提供が可能なため、通行者数、属性推定、持ち物推定、侵入検知、マーケティング、接客支援、防犯等幅広く活用できる。AIやIoTが注目される中、同社では各自治体や企業の掲げるスマートシティ構想への参画や商業施設への導入を進めている。再開発が進む渋谷でも渋谷センター商店街振興組合協力のもと、センター街へ設置し、マーケティングデータとしての活用やキャッチセールス、落書きなどの悪質行為の抑制に役立たせられるよう取り組んでいるという。

【3】個人情報に配慮した設計
取得したデータはエッジで映像を取得し解析を行う。利用したデータは個人情報を含む為、解析後削除し、個人データは蓄積することなく、安心して利用できる。解析したデータ(人数、属性等)はクラウドで確認することが可能だ。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。