Today's PICK UP

無印良品、非接触型オンライン決済サービスを国内162店舗に導入

無印良品を展開する株式会社良品計画は、無印良品での新たな決済手段として、無料スマートフォンアプリ「MUJI passport」に非接触型オンライン決済サービス「MUJI passport Pay」を導入。2020年11月30日より、日本国内の無印良品162店舗での利用を開始したと発表した。

■「MUJI passport Pay」について

「MUJI passport Pay」は、同社が開発したオンライン決済サービス。事前に「MUJI passport」アプリの中にクレジットカードの情報を登録することで、無印良品の店舗で会計する際には、MUJI passportの画面上に表示する支払い用バーコードの提示だけで、キャッシュレスで買物することができる。アプリひとつで支払いを完了させ、購入金額に応じた「MUJIマイル」も同時に付与される。

無印良品は、新型コロナウイルス感染症の拡大予防のため、顧客と従業員の健康と安全を最優先に考えて店舗運営をしている。MUJI passport Pay機能の導入により、顧客が自身のスマートフォン上で決済を完了させることが可能で、レジにて物理的な接触が減少できる。また、クレジットカードの処理やお釣りを渡すのが不要となるので、レジで待つ時間も短縮できる。
<MUJI passport Pay サービス概要>
サービス開始日:
2020年11月30日(月)
機能追加方法:
MUJI passportアプリをバージョンアップすると、自動的に機能が付随される(Version 4.1.0 以上)
対応店舗:
日本国内の限定店舗(対象店舗リスト)

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。