Today's PICK UP

LINEの暗号資産取引サービス「BITMAX」、固定期間型暗号資産貸出サービスを提供開始

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社は、暗号資産取引サービス「BITMAX」にて、2020年12月3日より暗号資産貸出サービスの「固定期間型」の提供を開始すると発表した。
暗号資産貸出サービスは、ユーザーが保有する暗号資産を「BITMAX」に貸し出すことで、貸し出した数量と期間に応じて貸借料を受け取ることができるサービス。暗号資産の購入・売却以外の新しい選択肢として、BITMAXでは10月7日より、貸借料が貸出開始日の翌日から日次で毎日発生し、ユーザーは貸し出している暗号資産を最短当日・最長でも7日以内に返還を受けることができる「変動期間型」の暗号資産貸出サービスの提供を開始していた。

今回、提供を開始する暗号資産貸出サービスの「固定期間型」は、LINEの独自暗号資産「LINK」を対象とし、30日間・60日間・90日間の3種類のプランから貸付期間を選択し、最大で年率12%程度の貸借料を「LINK」で受け取ることができる。

■暗号資産貸出サービス「固定期間型」概要

・対象暗号資産:LINK(LN)
・貸出期間(プラン):30日プラン、60日プラン、90日プラン

<貸出ルール>
受付時間
・貸出申請期間:当日9:00:00〜翌日8:59:59
・貸出開始時間:翌日12:00:00

最低/最大貸出数量
・30日プラン/最低:10 LN、最大:500 LN
・60日プラン/最低:10 LN、最大:500 LN
・90日プラン/最低:10 LN、最大:500 LN

貸出単位
・LINK:10LN

貸借料支払い日
・各プランの貸出期間満了後

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。