Today's PICK UP

LINEの暗号資産取引サービス「BITMAX」、固定期間型暗号資産貸出サービスを提供開始

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社は、暗号資産取引サービス「BITMAX」にて、2020年12月3日より暗号資産貸出サービスの「固定期間型」の提供を開始すると発表した。
暗号資産貸出サービスは、ユーザーが保有する暗号資産を「BITMAX」に貸し出すことで、貸し出した数量と期間に応じて貸借料を受け取ることができるサービス。暗号資産の購入・売却以外の新しい選択肢として、BITMAXでは10月7日より、貸借料が貸出開始日の翌日から日次で毎日発生し、ユーザーは貸し出している暗号資産を最短当日・最長でも7日以内に返還を受けることができる「変動期間型」の暗号資産貸出サービスの提供を開始していた。

今回、提供を開始する暗号資産貸出サービスの「固定期間型」は、LINEの独自暗号資産「LINK」を対象とし、30日間・60日間・90日間の3種類のプランから貸付期間を選択し、最大で年率12%程度の貸借料を「LINK」で受け取ることができる。

■暗号資産貸出サービス「固定期間型」概要

・対象暗号資産:LINK(LN)
・貸出期間(プラン):30日プラン、60日プラン、90日プラン

<貸出ルール>
受付時間
・貸出申請期間:当日9:00:00〜翌日8:59:59
・貸出開始時間:翌日12:00:00

最低/最大貸出数量
・30日プラン/最低:10 LN、最大:500 LN
・60日プラン/最低:10 LN、最大:500 LN
・90日プラン/最低:10 LN、最大:500 LN

貸出単位
・LINK:10LN

貸借料支払い日
・各プランの貸出期間満了後

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。