Today's PICK UP

レシピ動画サービス「クラシル」、イオンリテールと連携しネットスーパー機能を開始

レシピ動画サービス「kurashiru」 (以下、クラシル) を運営するdely株式会社は、イオンリテール株式会社と連携し、2020年12月3日(木)より「クラシル」内でネットスーパーのサービスを開始すると発表した。

■「クラシル」内 ネットスーパーサービスの概要

本サービスは、レシピ・献立の決定からネットスーパーでの買い物までをシームレスに行う新しい体験を創出するプラットフォーム。クラシルのユーザーは、アプリ上でおよそ4万件のレシピを見ながら必要な食材を検索し、ネットスーパーでスムーズに購入することができる。イオンリテールが運営する「おうちでイオン イオンネットスーパー」が本サービスに参加したことにより、「クラシル」でレシピ・献立を決めて、必要な食材をネットスーパーで購入することが可能だ。
出典元:プレスリリース

■使用方法

レシピから食材を購入するためには、クラシルのアプリ内「スーパー」タブを開いて「ログイン」をする必要がある。システムの仕様上、クラシルアプリを起動してすぐに本機能が表示されない場合があるという。表示されない場合は、アプリの再起動を数回試す必要があるとのことだ。
出典元:プレスリリース

■連携の背景

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、これまで以上にネットスーパーの需要が高まっている。ネットスーパーでの買い物をより便利で簡単なものにするべく、delyは2020年8月より、ネットスーパーの垂直立ち上げ・集客販促等をサポートする「クラシルリテールプラットフォーム」の提供を開始した。ネットスーパー事業を強化・拡大するイオンリテールと連携することで、イオンリテールは新しい顧客層にリーチできるとともに、クラシルのユーザーにはよりシームレスな買い物体験を提供するとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。