Today's PICK UP

ANA・豊田自動織機、ロボットを活用した空港地上支援業務の実証実験を実施へ

全日本空輸株式会社(以下、ANA)と株式会社豊田自動織機は、2020年12月14日から12月18日の間、ANAが九州佐賀国際空港の貨物上屋に設置したオペレーション実験場、および上屋前の制限区域内専用エリアにて、ANAグループが目指すSimple & Smartな空港地上支援業務の将来モデルの実証実験を行うと発表した。
両社が新たに共同開発した手荷物積み付けロボットによるコンテナへの自動積み付けと、これまで実用化に向けて継続的に取り組んできた自動運転トーイングトラクターによる無人搬送の接続を通じて、顧客の手荷物を航空機に搭載する一連の工程の自動化に取り組む。

共同開発したロボットは、新開発のロボットハンドと独自の積み付けロジックを採用し、これまで手荷物ハンドリング工程の中でも最大の課題であったコンテナへの自動積み付けを可能にした、航空機向けコンテナ用手荷物積み付けロボットだ。今回の実証実験を通じて、手荷物積み付けロボットと特定条件下での無人搬送を接続させた際、安全性ならびにオペレーター視点での使いやすさ、作業効率向上による省力効果等を検証し、将来の本格導入に向けた課題の整理ならびに今後の具体的な開発・業務設計につなげていくとのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■航空機向けコンテナ用手荷物積み付けロボットの概要

1.主な特徴
・ソフト・ハード双方のスーツケースを縦向き・横向きどちらでも積み付け可能
・スーツケースのサイズ情報を読取り、高効率かつ荷崩れの少ない積み付け位置を演算し、並び替えながら2つのコンテナへ同時に積み付け
2.仕様
積付速度:平均25秒/個
対象形状:キャスター付スーツケース(ハード・ソフト)
対象サイズ:幅350~510mm 長さ400~750mm 高さ200~300mm
対象重量:35kg以下

■自動運転トーイングトラクターの走行概要

これまでは、緊急時対応のため運転者が乗車しての自動走行だったが、今回の実証実験では、運転者は乗車せず自動走行する。
出典元:プレスリリース
走行コース:貨物上屋内~貨物上屋外~貨物上屋内(制限区域内での無人自動運転。約260m/周)
車両:自動運転トーイングトラクター(TE152)
速度(最大):15㎞/h。上屋内は5km/h

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。