Today's PICK UP

DataRobot、SBIホールディングスと戦略的資本業務提携に合意

DataRobot, Inc.は、SBIホールディングス株式会社との間で、日本の金融事業者として初となる戦略的資本業務提携に合意し、SBIホールディングスおよびSBIホールディングスが資本業務提携する地方銀行におけるAIドリブン化をより強力に推進していくと発表した。

■本提携の背景と目的

DataRobotは、高度なAIモデルの構築から運用管理までのプロセス全体を自動化するエンタープライズAIプラットフォーム「DataRobot」と、AIネイティブな戦略的サクセスチームによる、全社的なAIサクセスを推進するための支援プログラム「AIドリブン組織構築プログラム」を提供している。

SBIホールディングスでは、2012年8月にグループ横断的なプロジェクトとして、「ビッグデータ室(現 社長室ビッグデータ担当)」を設置し、グループビッグデータと外部データを組み合わせた「Biggerデータ」を用いたAIプロジェクトの企画・開発を推進してきた。2017年からは「DataRobot」を導入し、これまでに数十の高度なAIアプリケーションを開発、様々な領域で成果を上げてきた。また、全国各地の地域金融機関との提携を拡大し、地域金融機関の収益力強化とそれに伴う企業価値向上を図る取り組みにも注力しているという。

DataRobotでは、金融事業者がこれまでにない変革期に直面している昨今、日本の地方経済を支える地域銀行におけるAI利活用の推進は、喫緊の課題であり、地方創生にとって重要な枠割を担うと考えていた。こうした背景のもと、今回SBIホールディングスおよびSBIインベストメント株式会社が運営する「SBI 4+5 ファンド」からの出資を受け、戦略的資本業務提携の合意に至ったとのことだ。

今後は、DataRobotがグローバルで培ったノウハウを活かし、SBIホールディングスにおける全社的なAIドリブン化の実現を支援するとともに、SBIグループが資本業務提携する地方銀行におけるAI利活用とAIリテラシーの向上を支援するという。

■業務提携の内容

(1)SBIホールディングスおよびグループ全社におけるデジタルトランスフォーメーションの実現に向けたAIドリブン化を達成するため、DataRobotがグローバルで展開してきたAIサクセスのノウハウを活用し、支援する。

(2)DataRobotは、SBIグループが資本業務提携する地方銀行の収益力強化とそれに伴う企業価値向上の実現を目指し、AI人材の育成や事業におけるAIの導入・利活用といったAIサクセスの実現を支援する。

(3)SBIホールディングスの子会社が、DataRobotの販売パートナーとして日本国内における商品およびサービスの販売・提供を実施する。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。