Today's PICK UP

チャット形式の「社会保障シミュレーターサービス」が公開

株式会社MILIZEは、社会保障シミュレーター「シラソン」ベータ版を公開した。シラソンとは、チャットに答えるだけで、自分が国や健康保険・雇用保険から「どんな保障を、いくら受け取れるのか」を知ることができるシミュレーターだ。

■背景

日本は社会保障が充実しているにも関わらず、制度の具体的な内容を知る機会が少なく、なんとなく知っていても「結局、自分の場合はいくらもらえるのか」が、分かりにくい現状がある。
出典元:プレスリリース
それにより、
・本来払わなくて済んだお金を払ってしまう
・申告手続きが遅くなり、お金を受け取るのも遅くなってしまう
・社会保障でカバーできる分を知らずに、民間の生命保険に入りすぎてしまう
などの課題が生じていると考え、シラソンを企画・開発したとのことだ。シラソンでは、自分の情報を入力するだけで「シーン別に、どんな制度から、いくらもらえるのか」がシンプルに分かり、今の行動や選択に活かすことができるという。

■シラソンの特徴

①チャットで回答
質問に回答していくことで「自分の場合」を知ることができる。
出典元:プレスリリース
②5つのシーンに対応
・亡くなった時
・病気やケガをした時
・働けなくなった時
・障害状態になった時
・子どもが生まれた時
このシーンに遭遇した時に「どんな制度からいくら受け取れるのか」を「時系列」または「傷病別」に知ることができる。
出典元:プレスリリース
③申請から受取りまでの目安期間も知れる
申請してから受け取れるまで、意外と時間がかかるものだ。各保障の受け取りまでの目安期間も知ることができる。
出典元:プレスリリース

■シラソンを使うメリット

①今知ることで、予め準備ができる
自分の場合を知ることで、いざという時に早めに行動でき、給付金をスムーズに受け取れるようになる。また、受け取りまでの目安期間も分かるので「最低でも生活費3ヶ月分は貯金しておこう」と、生活防衛資金の準備にも役立てられる。

②生命保険の見直し(削減)のヒントに
社会保障でカバーしきれない分だけ、民間の保険でカバーするのが、保険の基本的な考え方だ。自分や家族が受けられる社会保障を知り、民間の生命保険の見直し(削減)にも役立てられる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。