Today's PICK UP

チャット形式の「社会保障シミュレーターサービス」が公開

株式会社MILIZEは、社会保障シミュレーター「シラソン」ベータ版を公開した。シラソンとは、チャットに答えるだけで、自分が国や健康保険・雇用保険から「どんな保障を、いくら受け取れるのか」を知ることができるシミュレーターだ。

■背景

日本は社会保障が充実しているにも関わらず、制度の具体的な内容を知る機会が少なく、なんとなく知っていても「結局、自分の場合はいくらもらえるのか」が、分かりにくい現状がある。
出典元:プレスリリース
それにより、
・本来払わなくて済んだお金を払ってしまう
・申告手続きが遅くなり、お金を受け取るのも遅くなってしまう
・社会保障でカバーできる分を知らずに、民間の生命保険に入りすぎてしまう
などの課題が生じていると考え、シラソンを企画・開発したとのことだ。シラソンでは、自分の情報を入力するだけで「シーン別に、どんな制度から、いくらもらえるのか」がシンプルに分かり、今の行動や選択に活かすことができるという。

■シラソンの特徴

①チャットで回答
質問に回答していくことで「自分の場合」を知ることができる。
出典元:プレスリリース
②5つのシーンに対応
・亡くなった時
・病気やケガをした時
・働けなくなった時
・障害状態になった時
・子どもが生まれた時
このシーンに遭遇した時に「どんな制度からいくら受け取れるのか」を「時系列」または「傷病別」に知ることができる。
出典元:プレスリリース
③申請から受取りまでの目安期間も知れる
申請してから受け取れるまで、意外と時間がかかるものだ。各保障の受け取りまでの目安期間も知ることができる。
出典元:プレスリリース

■シラソンを使うメリット

①今知ることで、予め準備ができる
自分の場合を知ることで、いざという時に早めに行動でき、給付金をスムーズに受け取れるようになる。また、受け取りまでの目安期間も分かるので「最低でも生活費3ヶ月分は貯金しておこう」と、生活防衛資金の準備にも役立てられる。

②生命保険の見直し(削減)のヒントに
社会保障でカバーしきれない分だけ、民間の保険でカバーするのが、保険の基本的な考え方だ。自分や家族が受けられる社会保障を知り、民間の生命保険の見直し(削減)にも役立てられる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。