Today's PICK UP

ルナルナ、初のオンラインイベントを開催へ

株式会社エムティーアイが運営する、ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』は20周年を迎え、より多くの人に女性のカラダの仕組みや生理による揺らぎなどを学ぶ機会を提供する教育プログラム「FEMCATION」をスタート。その第1弾として、2020年12月15日(火)にオンラインイベント「Luna Luna EMPOWERMENT LIVE~私たちになにができるか?~」を開催すると発表した。
本イベントでは、『ルナルナ』のブランドリニューアルにも携わったクリエイティブディレクター辻愛沙子氏をはじめ、様々な分野の第一線で活躍するゲストとともに、女性が「より暮らしやすく、働きやすく、生きやすく」なるためにはどうすべきかを語り合う。また、イベント開催に際し、『ルナルナ』ユーザーに実施した「生理に関するイメージ・意識調査2020」では、生理に対する世の中の変化を感じつつも、女性特有の症状に悩まされる女性の複雑な本音が明らかになった。

■『ルナルナ』初のオンラインイベント開催。女性がより生きやすくなるための未来を考える

2020年11月に20周年を迎えた『ルナルナ』は、20周年のテーマを「FEMCATION」とし、より多くの人に女性のカラダの仕組みや生理による揺らぎなどについて知ってもらうことを目的とした教育プログラムをスタートした。その第1弾として、オンラインイベント「Luna Luna EMPOWERMENT LIVE~私たちになにができるか?~」を開催する。本イベントでは、『ルナルナ』のブランドリニューアルにも携わったクリエイティブディレクター辻愛沙子氏をはじめ、臨床心理士のみたらし加奈氏、ライターで男性インフルエンサーの5歳氏を迎え、『ルナルナ』が培ってきた20年分のデータや知見などのあゆみをもとに、今後女性が「より暮らしやすく、働きやすく、生きやすく」なるためにはどうすべきかを語り合う。

<「Luna Luna EMPOWERMENT LIVE」概要>
・配信日時 : 2020年12月15日(火)19:00~20:30
・配信方法 : Twitterライブ 『ルナルナ』のアカウントにて配信。
・出演者  : 辻愛沙子氏(株式会社arca CEO / Creative Director)、みたらし加奈氏(臨床心理士)、5歳氏(株式会社アマヤドリ代表取締役 / ライター)、那須 理紗(株式会社エムティーアイ ルナルナ事業部 副事業部長)

■生理を自然なもの・必要なものと理解していても、あまり良い印象を持っていない女性が7割以上

出典元:プレスリリース
今回のイベント開催に際し、『ルナルナ』ユーザーを対象に「生理に関するイメージ・意識調査2020」を実施。まず、生理についての印象を聞いてみると、「どちらかというと悪い印象」60.0%が最も多く、「悪い印象」12.6%と合わせると、7割以上の女性が生理に対してあまり良い印象を持っていないことが分かる。生理についての「今」のイメージ(複数回答)を聞いてみると、「子供を生むために必要な現象」76.1%が1位となり、「面倒くさいもの」66.7%、「自然なもの」51.8%、「憂鬱になるもの」49.7%、「健康であることの目安」48.1%と続く。自由回答では、「生理痛や月経前症候群などがつらい」や「恥ずかしいもの」といった声もあり、女性にとって大切なものとは理解していながらも、カラダやココロの不調に悩まされる女性の複雑な心境がうかがえる結果となった。
出典元:プレスリリース

■『ルナルナ』のようなサービスの誕生により、生理に対する世の中の変化を感じる女性も

出典元:プレスリリース
『ルナルナ』は誕生してから20年がたつが、「このようなサービスが登場したことで世の中が変わったと思うことがありますか?」という質問に対しては、「ある」18.5%、「どちらかというとある」33.0%を合わせると、5割以上の人が世の中の変化を感じているようだ。自由回答には「自分の周期や、次回の目安が出来、コラム的なのもあって、情報が入りやすくなった」といった女性特有のカラダやココロの症状に対する情報を得られることへのメリットや、「他にも同じ悩みを持っている人がいるんだと共感を持つことも出来る」「パートナーに自分の生理の話や妊活の話のきっかけになる」といった、共有できる環境へと変わってきていると感じていることが分かる。

一方で、「生理に関して、学校や職場など周りの理解はあると思いますか?」と尋ねてみると、「ある」7.1%、「あるほうだと思う」39.3%だったが、「あまりないほう」26.76%、「まったくない」5.5%、「話題にもなっていない」21.5%を合わせると5割以上となり、日常生活においては女性のカラダとココロへの理解はまだ不十分と感じている人も多いようだ。

調査実施時期 : 2020年11月19日~24日
調査方法および人数 :『ルナルナ』にて10代~50代以上の女性 13,485名

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。