Today's PICK UP

仮想通貨の分散型ウォレットがリリース

分散型キャッシュバックサービス『COINCOME』の運営、およびキャッシュバックサイトのDAppsを開発、OEM提供する Makers Farm Pte. Ltd.は、スマートフォン上でかんたんにイーサリアムやテザー、独自通貨の『CIM』を管理、送受信できる分散型ウォレット『COINCOME Wallet』アプリ(iOS/Android向け)を2020年12月10日、全世界同時リリースしたと発表した。
出典元:プレスリリース

■主な特徴

・誰でも簡単にイーサリアム (Ethereum) ウォレットを作成・利用できる(暗号資産取引所での登録や審査は不要)
・イーサリアム (Ethereum) に加え、CIMやその他の主要なERC20トークンの管理にも対応している
・すでに持っているウォレットもインポート可能、複数のアドレスを一元管理できる
・暗号資産、トークンの送受信がQRコードのみで可能、Etherscan上の詳細データもかんたんに確認できる
・気になるトークンの価格を「ポートフォリオ」でチェックでき、各国の時価レートにも対応している(JPY、USD、SGD)

安心のセキュリティ
ニーモニック機能を搭載し、万一デバイスが盗難、紛失した際にも復元が可能。秘密鍵と復元フレーズ (ニーモニック) はサーバーに預けず、それぞれの端末でセキュアに管理できる。

シンプル
説明書いらずのわかりやすいUIで設計しており、はじめての人でも安心して利用できるという。

対応通貨
CIM / ETH / USDT / BAT / QASH / DEP / LINK / BNB / VET / HT / MKR / CRO / OKB / ENJ / CHZ /CENNZ

ウォレットの対応形式
ERC20

キャッシュバックサイト『COINCOME』に連携
ウォレット運営元のMakers Farmはキャッシュバックサイト『COINCOME』を日本とシンガポールで展開して
いる。毎日のオンラインショッピングやゲームの利用 、アプリダウンロードやクレジットカードの発行 、銀行口座の開設など、様々なサービスをCOINCOMEを経由して利用することで自動的に「CIMポイント」がキャッシュバックされる無料サービス。貯まったCIMポイントはERC20対応ウォレットに移動して「CIMトークン」に換えることができる (電子マネーや他社ポイントにも交換可)。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。