Today's PICK UP

「オンライン研修の実施状況」についてのアンケート調査結果が公開

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、オンライン研修を実施している企業の人事・教育担当者を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大による人材育成への影響と、オンライン研修の実施状況についてのアンケート調査を実施し、その結果をまとめた報告書を2020年12月14日に公開した。
その結果、「コロナで新入社員研修が実施できなくなった」が74.7%に上るなど、新型コロナウイルスの感染拡大で多くの企業が人材育成に甚大な影響を受けたことが明らかとなった。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
オンライン研修の導入時期は2020年2月以降が65%で、そのうち3~5月が52%を占めていることから、コロナ禍で実施が難しくなった対面研修の代替えとしてオンライン研修が緊急導入された様子が読み取れる。とくに新入社員研修のオンラインへの切り替えが顕著(2月以降3倍以上)だが、それ以外の全社員・中途入社・職種別・階級別の各研修、集合研修の事前教育・事後テストに至るまで、すべてにおいてオンライン研修の比率が増加している点が注目される。

アンケート結果はまた、業種や企業規模、座学や実務研修などの内容に関わらずオンライン研修の導入が進んだことを示しており、コロナ禍で企業のあらゆる研修が全方位的に、かつ短期間でオンライン化したことを裏付けるデータとなっている。

アンケートでは、オンライン研修の詳しい実施状況やオンライン研修導入のために行った準備内容、研修の急速なデジタル化で見えてきた課題や成果なども明らかとなっており、今後の展望も含め調査報告書で詳しく伝えられている。

【アンケート調査概要】
調査目的 :コロナ禍における企業のオンライン研修の実施状況と変化、課題を調査する
調査期間 :2020年9月2日(水)~9月4日(金)
調査方法 :Webアンケート方式
調査地区 :全国
調査対象 :オンライン研修を実施している企業の人事・教育担当者
有効回答 :100
アンケート調査の詳細はこちらに公開されている。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。