Today's PICK UP

「オンライン研修の実施状況」についてのアンケート調査結果が公開

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、オンライン研修を実施している企業の人事・教育担当者を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大による人材育成への影響と、オンライン研修の実施状況についてのアンケート調査を実施し、その結果をまとめた報告書を2020年12月14日に公開した。
その結果、「コロナで新入社員研修が実施できなくなった」が74.7%に上るなど、新型コロナウイルスの感染拡大で多くの企業が人材育成に甚大な影響を受けたことが明らかとなった。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
オンライン研修の導入時期は2020年2月以降が65%で、そのうち3~5月が52%を占めていることから、コロナ禍で実施が難しくなった対面研修の代替えとしてオンライン研修が緊急導入された様子が読み取れる。とくに新入社員研修のオンラインへの切り替えが顕著(2月以降3倍以上)だが、それ以外の全社員・中途入社・職種別・階級別の各研修、集合研修の事前教育・事後テストに至るまで、すべてにおいてオンライン研修の比率が増加している点が注目される。

アンケート結果はまた、業種や企業規模、座学や実務研修などの内容に関わらずオンライン研修の導入が進んだことを示しており、コロナ禍で企業のあらゆる研修が全方位的に、かつ短期間でオンライン化したことを裏付けるデータとなっている。

アンケートでは、オンライン研修の詳しい実施状況やオンライン研修導入のために行った準備内容、研修の急速なデジタル化で見えてきた課題や成果なども明らかとなっており、今後の展望も含め調査報告書で詳しく伝えられている。

【アンケート調査概要】
調査目的 :コロナ禍における企業のオンライン研修の実施状況と変化、課題を調査する
調査期間 :2020年9月2日(水)~9月4日(金)
調査方法 :Webアンケート方式
調査地区 :全国
調査対象 :オンライン研修を実施している企業の人事・教育担当者
有効回答 :100
アンケート調査の詳細はこちらに公開されている。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。