Today's PICK UP

KDDIと福島県磐梯町、5GやIoTなどを活用した地域課題解決の連携協定を締結

福島県磐梯町、KDDI株式会社は、磐梯町のデジタル変革を共に推進し、5GやIoTなどの先端技術を活用した地域課題解決を目的とした包括的連携協定を2020年12月21日に締結したと発表した。
磐梯町では、「共創協働のまちづくり」を目指し、委員会のオンライン開催などデジタル変革を積極的に推進している一方、町民と職員のデジタルリテラシーの向上や業務のICT化における環境整備が求められている。両者は本協定を通じて、KDDIの共創パートナー企業と連携を図りながら、地域主体の地方創生を推進していくとのことだ。
出典元:プレスリリース

■協定内容

1.先端技術を活用した地域課題の解決
5Gを活用した磐梯町庁内デジタル変革の支援
IoTを活用した鳥獣害対策の検討/推進
道路管理/除雪対策のICT化の検討/推進
2.遠隔教育によるイノベーション人財の育成
5Gを活用した遠隔教育プラットフォームの整備
自治体職員や次世代を担う地域人財のICT活用スキル向上を目的としたリカレント教育の提供
3.共創の場と関係人口創出
磐梯町の事業共創拠点間に5Gネットワークを整備
遠隔地から磐梯町の取り組みに容易に参加できる「交流・共創の場」の醸成

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。