Today's PICK UP

凸版印刷、NFCタグにかざすだけでLINEで繋がる「One touch to LINE」シリーズの展開を開始

凸版印刷株式会社は、2019年よりLINE株式会社が提供する各種法人向けサービスの販売・開発パートナーを認定するLINE Biz Partner Programにおいて、Technology Partnerの認定を受けている。今回凸版印刷は、NFCタグからスマホをかざすだけでLINE公式アカウントとつながり、トーク上でのコミュニケーションを可能にする「One touch to LINE」シリーズの展開を開始。同シリーズの第1弾として「One touch スタンプラリー」の実証実験を行ったと発表した。
「One touch to LINE」シリーズは、ミュージアムや商業施設などの展示物に添付されたNFCタグにスマホをかざすだけで、すぐにLINE公式アカウントと友だちになることが可能。QRコードを読み取るために、リーダーアプリを起動することが不要となるため、ユーザーはストレスなくLINEでのコミュニケーションを行うことができる。運営企業側にとってはこれまで以上にリアルからデジタルへの誘導強化を図ることができるため、適切なタイミングでの理解・購買促進施策やチャットボットを活用したコンシェルジュ機能、外国語対応など、さまざまな用途に利用できる。

同シリーズの第1弾である「One touch スタンプラリー」は、ミュージアムやイベント会場などの展示物に添付されたNFCにスマホをかざすだけで、ストレスなくLINE上でスタンプラリーに参加することが可能だ。なお、「One touch スタンプラリー」の販売開始に先立ち、ミュージアムや商業施設などで、参加者の利便性検証を目的にした実証実験を実施・予定しており、順次サービスの開発を進めていく。実施済みの実証実験では、ユーザーから「簡単だった」「かざすだけならやってみるかもしれない」といった声があったという。
出典元:プレスリリース

■開発の背景

ミュージアムや商業施設の展示物等にQRコードを設置してもアプリを起動する手間がかかることから、リアルな場でのコミュニケーションは活性化されにくい状況があった。iPhone XS/XRシリーズ以降のiOS13.1以上の端末からNFC対応が開始されたことで、NFCを活用したコミュニケーション施策のニーズが高まっている。

このような中で凸版印刷は「One touch to LINE」シリーズの第1弾として「One touch スタンプラリー」の参加者の利便性検証を目的にした実証実験を実施・予定。NFC対応スマホユーザーが拡大することで、情報取得にハードルを感じていたユーザーと、多くのユーザーに適切に情報提供したい企業側双方の課題を解消し、リアルな場でのコミュニケーション活性化に貢献することを目指すとのことだ。

■「One touch to LINE」の特長

・スマホをかざすだけでLINEとつながる
ミュージアムや商業施設内の展示物に添付されたNFCにスマホをかざすだけでLINEとつながることが可能で、QRコードをアプリで撮影する動作が不要になるため、ストレスなく利用することができる。また、ユーザーを把握できることで、感染症発生時の情報配信も可能だ。

・スタンプラリーだけではなく、さまざまな用途に利用可能
ミュージアムでの展示物の説明や、店舗での商品情報提供からECでの購買促進、駅や観光施設での外国語対応の導入など、リアルからデジタルに誘導することでさまざまなコミュニケーションが可能だ。

・LINEの「Messaging API」によるインタラクティブなコミュニケーションが可能
LINEが提供するAPIを活用した凸版印刷独自のシステムにより、LINEのトーク上でのインタラクティブなコミュニケーションが可能。チャットボットやアンケート、クイズ等を提供することで、理解促進や購買意欲促進につながる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。