Today's PICK UP

アイスタイルとKDDI、XRを活用したバーチャル店舗の提供を開始

株式会社アイスタイルは、KDDI株式会社と共に、XRを活用したスマートフォン向けアプリ「au XR Door」を通じて購買体験が可能なバーチャル店舗「@cosme TOKYO -virtual store-」を2021年1月8日から提供開始すると発表した。
アイスタイルでは、新型コロナウイルス感染症の影響によりさまざまな店舗において生活者の購買体験が制限される中、オンライン美容部員プロジェクトなど、小売りのDX化に取り組んでいる。今回の「@cosme TOKYO -virtual store-」もその1つであり、生活者がスマートフォンからいつでもどこからでもバーチャル空間上の「@cosme TOKYO」に来店し商品を購入できるようになるものだ。

サービス開始時には、「@cosmeベストコスメアワード」の受賞商品がディスプレイされている巨大タワー「ベストコスメアワードコーナー」を実装し、バーチャル空間上で商品を手に取り、テスターを使用しているかのような体験が可能。また、8K高画質で閲覧可能な機能「高画質版(5G推奨)」を搭載していることから、店舗の内観やテスターを使用した際の色彩まできめ細やかに表現され、よりリアルに近い体験ができる。加えて、花王株式会社の化粧品ブランド「KANEBO」「KATE」「SOFINA iP」を中心とした商品の販売も開始する。

■「@cosme TOKYO -virtual store-」について

背景
2020年1月にJR原宿駅前にオープンした新体験フラッグシップショップ「@cosme TOKYO」では、ワクワクする空間やランキング売り場、手書きのポップ、カウンセリングなど店舗でしか体験できない買い物の楽しさを届けており、600ブランド20,000アイテム以上の幅広い品ぞろえと、さまざまな楽しい仕掛けを用意し、顧客から好評とのことだ。物流システムの整備や生活様式の変化に伴いEC利用が広がる中、店舗にしかない体験や空間をより多くの顧客に広く届けることを目的に、@cosmeを運営・企画するアイスタイルのアセットとKDDIの5GやXRを活用した完全非接触の購買体験が可能なバーチャル店舗の提供を開始するとのことだ。

概要
スマートフォン向けアプリ「au XR Door」内に本バーチャル店舗を開設。

特長
(1)スマホをかざすと、360°見渡せる画像で店内フロアを歩き回っているかのような体験が可能。
(2)商品棚の前に立ち商品を手に取る体験や、テスターを使用しているかのような体験が可能。
(3)商品をタップすると@cosmeの公式通販「@cosme SHOPPING」へ遷移し、購入できる。
(4)「高画質版(5G推奨)」機能を搭載し、店内フロアや商品パッケージを8K高画質で閲覧可能。
(5)ブランドリストを開くと、「@cosme TOKYO」にあるブランド一覧を確認できる。
(6)フロアマップを開き、行きたい場所をタップすると瞬時に移動することができる。

各社の役割
KDDI:5G、XR技術の提供
アイスタイル:「@cosme TOKYO」の店舗運営・企画、リモート接客をはじめとしたオンラインイベント、クチコミなどの@cosmeとのデータベース連携

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。