Today's PICK UP

アフターコロナの「toCサブスクリプションサービスのカオスマップ 2021年版」が公開

株式会社KiZUKAIは、アフターコロナにおける「toCサブスクリプションサービスのカオスマップ」2021年版を公開した。
出典元:プレスリリース

■toCサブスクリプションの市場動向と作成背景

国内サブスクリプション市場は2023年までに1.4兆円となる急成長市場。今後様々なサービスがサブスクリプション化していく中で、よりその知見の重要性は高まっている。株式会社KiZUKAIはサブスクリプション事業者向けLTV/解約率を改善するサービス「KiZUKAI」により、サブスクリプション企業を支援。今アフターコロナで、世の中からよりデジタルでのサブスクリプションサービスへの注目が集まっている中、現状どのようなサービスがあるかが不透明という状況があるという。同社は、toCサブスクリプション市場のさらなる発展のために、改めてtoCサブスクリプションサービスの現状を伝えるために、今回のカオスマップ作成に至ったとのことだ。

■「toCサブスクリプションサービスのカオスマップ」2021年版の特徴

動画のような「デジタルコンテンツ」と教育のような「サービス・健康・教育」そして家具・家電のような「物品・レンタル」の3つを大枠カテゴリーとしている。2021年版の特徴としては、特に新型コロナウイルスの影響が大きく、在宅の時間が増えている中で、それに適するサービスが拡大した。

1:デジタルコンテンツについて
「動画共有サービス」「無料の動画配信サービス」「有料の動画配信サービス」などインターネット上の動画の利用が大きく伸びる結果に。外出自粛による影響や、1年を通して各サービスでTVCMなどのプロモーションがより一層強化されたこと、各サービスで話題となるオリジナルコンテンツが配信されていること、見逃し配信の浸透による認知度の向上などの要因から利用率、利用経験者の比率が伸びたと考えられる。

2:サービス・健康・教育について
新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務の機会が増え、社会人向けのビジネスに役立つ講義の動画をインターネットで視聴するオンライン学習が伸びている。利用者数が前年比で5倍以上に増えたサービスもあり、多くの企業では通常勤務に戻りつつあるものの、これを機に自身の能力向上に取り組む動きが浸透していく傾向にある。

3:物品・レンタルについて
新型コロナウイルスの感染拡大により消費活動が落ち込む中、コロナ禍の中で、サブスクリプションサービスを使用して、生活に彩りを添える新たな分野に人気が集まっている、提供ジャンルは、車、家具、衣料品、絵画や花など多岐にわたる、のような特徴が挙げられる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。