Today's PICK UP

JCB、スマートシティに関するグローバル・オープンイノベーション・プログラム「SmartCityX」に参画

株式会社ジェーシービー(以下、JCB)は、Scrum Ventures LLC(以下「スクラムベンチャーズ」)が主催するグローバル・オープンイノベーション・プログラム「SmartCityX」に参画すると発表した。
「SmartCityX」は、大企業と世界中のスタートアップが協働し、産業や技術の視点ではなく、生活者目線で価値の高いサービス及びアプリケーションを創出するグローバル・オープンイノベーション・プログラム。同社は顧客一人ひとりのニーズにあったサービス実現に向け、本プログラム参加企業様との共創を行うとのことだ。

■背景および目的

昨今、急速なデジタル化が進展するとともに、コロナ禍で人々の暮らしが変容している。「Society 5.0」の実現により、地域や年齢等の格差なく、個々の多様なニーズへきめ細やかに対応したサービスを提供し、経済発展や社会的課題の解決に繋げていくことが求められている。

こうした中、同社は多様な生活シーンでの決済を可能とする『マイクロペイメント(少額決済)』や、IoTによって連携される様々なデバイス同士が自動で契約~決済までの処理を行う『M2M(Machine to Machine)決済』等の新たな決済ソリューション、デジタルで管理された個人の属性情報をオンラインで安全・安心に活用する『デジタルアイデンティティ基盤』等の実現により、経済発展や社会的課題の解決に貢献したいと考えているという。

生活者目線で、これらを実現するためには、様々なパートナーとのオープンイノベーションの取り組みと、実際の生活の場を想定した実証が不可欠であることから、新たな価値を生み出すイノベーションプラットフォームとしての「SmartCityX」のビジョンに賛同し、本プログラムに参画することとしたとのことだ。

■「SmartCityX」概要

SmartCityX は、各業界をリードする大企業とともに、世界中の最先端のスタートアップと「未来のまち」を共創するグローバル・オープンイノベーション・プログラム。デジタル化やコロナの社会変容を前向きな未来への変革の機会と捉え、産業や技術の視点ではなく、生活者目線で価値の高いサービス・アプリケーション共創し、社会課題の解決にとどまらず、より豊かで充実した暮らし、ウェルビーイングの実現に取り組む。
主催:スクラムベンチャーズ
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。